「冬は天気の変化も大きいから、初心者向きではない」と言われています。

 

冬の雪山は天気が変わりやすく、遭難者が多いからです。

雪山

 

 

 

でも冬の雪山は、春夏秋の山にはない感動や達成、そして美しさがあります。

 

ここでは、体験した人にしか分からない雪山の魅力や、雪山を登るために必要な装備をまとめました。

 

冬の雪山は危険?雪山の魅力って何?

登山ガイドブックや、登山の情報サイトを開くと、必ずと言っていいほど「初心者は冬の雪山には登らない方がいい」と書かれています。

 

初心者向きでない理由が、危険だからというのは何となく想像がつくと思います。

 

でも「何がどう危険なのか」とか、「危険と知りながら雪山に登る人がいるのはなぜ?」という疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

 

そこで、雪山が初心者向きでない理由や、雪山の魅力についてまとめました。

 

冬の雪山が初心者向きでないと言われる理由

 

  • 気温がかなり低いため凍傷や低体温のリスクがある
  • 吹雪や雪崩に巻き込まれるリスクがある
  • 遭難するリスクが高い
  • 荷物が増えるのでリュックが重たくなる
  • 春夏秋の登山よりも体力が必要
  • 装備を揃えるのにお金がかかる

 

これらは、雪山で想定されるリスクのごく一部です。

 

いかに雪山が危険なのかお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

地上でも、天気のいい春に散歩するのと、雪が積もった猛吹雪の中を散歩するのとでは歩きやすさや危険度が全然違いますよね。

 

山も同じです。

 

春夏秋の山なら「注意しましょう」で済むことが、雪山では「命かかわる」ことになりかねません。

 

雪山に登るのなら、これらのリスクを十分に理解し、必要な装備をしっかりそろえたうえで挑戦するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

登山家が語る!雪山の魅力

雪山に登るのを楽しみにしている登山家は大勢います。

 

以下は、登山家たちが語る雪山の魅力をまとめたものです。

 

 

一面の銀世界は感動もの!これは街中にいたら一生見ることができない。


 

ツアー客がいない冬の雪山はすごく静か。登山客の少ない雪山は、自然の音を感じられる唯一の季節です。


 

命にかかわる危険があるとわかっているからこそ、登り終えた時の感動はひとしお。


 

普段使えない、雪山専用のアイテムを使うのが楽しみ。


 

同じ山でも、夏山と雪山では全く違って見えますね。

 

高尾山冬

高尾山冬

 

高尾山夏

高尾山春

 

春夏秋の山とは違う、雪山の景色に魅了された登山家はかなり多いようです。

 

さらに「雪山は危険!」という考え方が一般的なので、冬はツアーの団体客などがほとんどいません。

 

静かな山で、自然との一体感を得られるのも冬山の魅力の1つです。

 

危険がいっぱいある雪山だからこそ、登山家たちはそこに多くの魅力を感じ、「あえて」冬に登るのかもしれませんね。

 

雪山の装備まとめ

冬の登山に必要なアイテムを一覧でご紹介します。

リュック
登山ウェア
ミドルレイヤー
ベースレイヤー
帽子
グローブ
ゴーグル
雪山用シューズ
アイゼン
スノーシュー

リュックは、春夏秋と同じもので構いません。

リュック

 

ただし、冬の登山は荷物が多くなるので、普段使用しているものだと入りきらない可能性があります。

 

出かける前に、一度すべての荷物をパッキングして容量を確認しておきましょう。

 

登山ウェアやミドルレイヤー、ベースレイヤーは「温かさ」を重視したものがおすすめです。

 

長時間歩き続ける登山では冬でも大量の汗をかきますから、「汗冷え」しないように、通気性の良い素材を選ぶようにしてください。

 

また、雪山の光は目に悪いため「ゴーグル」が欠かせません。

 

春夏秋の登山では必要ないので持っていない人が多いと思いますが、雪山用に必ず用意しましょう。

 

スキーやスノボ用のものでもOKです。

 

登山中ずっとつけるものなので、必ず試着してから買うようにしましょう。

 

アイゼンというのは、氷の上で滑らないために靴に装着する「鉄の爪」です。

アイゼン

 

アイゼン本体 1万円〜1万5000円
アイゼン収納するケース 2000円前後

爪の大きさや形状が異なるので、登る山の状態やルートに合わせて選ぶようにしましょう。

 

なお、本格的な雪山に挑戦するなら12爪アイゼンがおすすめです。

 

スノーシューは、ふかふかの新雪の上を歩くためのアイテムです。

 

登山靴で新雪の上を歩くとズボズボ足がはまって前に進めなくなりますが、スノーシューを装着すればかなり歩きやすくなります。

 

平地での歩行性を重視したモデル、軽量さを重視したモデルなどさまざまなタイプがあるので、アイゼン同様に山の状態に合わせて選びましょう。

 

どれを選んでいいか迷ったら、店員さんに「登る山」と「登山予定日」を伝えて選んでもらうと良いかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

一人で山登りするソロ登山
登山家の半数以上が楽しんでいる、ソロ登山。仕事のストレスを解消したい、自由気ままにのんびりしたいという人にはピッタリです。ソロ登山の楽しみ方や、一人だからこその危険についてまとめています。
山頂付近の山小屋へ泊まって星空・ご来光を楽しむ
朝早くから人混みの中を頑張って歩かなくても、ご来光は見られます!山頂付近の山小屋でご来光を見るのが、なぜオススメなのかをまとめました。特に、子供連れでご来光を計画している人は必見です。
友人グループと山登りを楽しむ
友人グループで歩く山登りは、楽しくて安全度もUP、しかも荷物が少なくて済むのでいいことだらけ。でも、気の知れた仲間同士で登るからこその注意点もあるんです!登山前に知っておいてほしいことをまとめました。
初心者でもロープウェイや車を使って高山を楽しむ
登山初心者でもロープウェイや車を使えば、2000m以上の高山を楽しめます。しかも本格的な登山装備も必要なし!どんな格好で登ればいいのかということや、オススメの山を紹介しています。
下山したら日帰り温泉と食事を楽しむ
下山後のお楽しみ、「温泉と料理」の魅力についてまとめました。温泉の選び方や、入浴前のマナーについても紹介しています。山登りの疲れは、その日のうちにスッキリ解消しておきましょう!
山登り中の食事を楽しむ
山登り中の食事は、ソロ登山かグループ登山かによっても違います。自分の登山スタイルに合った食事の楽しみ方を確認しておきましょう。カロリーメイトやスニッカーズなど登山家オススメ行動食もご紹介します。
電車で平日に人の少ない山登りを楽しむ
人気の山に登る予定なら、平日がオススメです。平日に山登りする3つのメリットや、電車を使った登山計画の立て方についてまとめました。無料の時刻表アプリもあるので活用してくださいね。
テントと寝袋を背負って1泊の山登り計画
テント泊は安上がりと聞いたけど、年齢や体力面が不安という人は多いはず。テント泊は本当にお得なのか、若くないとテント泊できないのかなど、登山初心者が気になる疑問をまとめました!必須アイテムも紹介します。
一度は登っておきたい富士山
標高3776mの富士山に、登山初心者が登るためのコツをまとめました。富士山5合目から注意が必要な「高山病トラブル」や、下山後に立ち寄りたい「オススメ日帰り温泉施設」も紹介します。
家族や子供と楽しむ山登り
「子供との会話が減った」、「一緒にいてもスマホばかりいじっている」。家族のきずなを深めたいという人に、家族登山はオススメです。家族登山を楽しむコツや、小さな子供を連れて行く時の注意点をまとめました。
紅葉時期の山登りを楽しむ
紅葉時期に合わせて山に登ってみませんか?秋の山に登る時の服装や虫刺されトラブルなど、登山前に読んでおくべき情報をまとめました。ロープウェイで手軽に行けるオススメ紅葉スポットもご紹介します。
春新緑の時期の山登りを楽しむ
春に山登りを始めるメリットや、デメリットについてまとめました。満開の桜が楽しめるオススメの山も3つご紹介します。ケーブルカーを使って登る山なので、登山装備がない人も今すぐ出かけられますよ!