一日中歩いた後の温泉やおいしい料理は格別!

 

この感覚を一度味わってしまうと、「山登りと日帰り温泉はセットじゃないとダメ!」と言う人もいるくらいです。

 

 

どうしてここまで日帰り温泉が人気なのかということや、温泉選びの方法についてまとめました。

 

下山後に日帰り温泉と食事を楽しむ3つのメリット

「下山してヘトヘトなのに温泉に行くなんて・・・」と思う方もいるかもしれません。

 

でも、まっすぐ家に帰るより温泉に入った方が良いことがあるんです。

 

下山後に温泉と食事をセットで楽しむメリットを3つにまとめてみました。

 

1.体の疲れが軽くなる

泉質によって温泉で得られる効果は違いますが、どの泉質にも共通しているのが「疲労回復効果」です。

 

登山の経験が多い、少ないにかかわらず、山登りの後は疲れてヘトヘトになります。

 

そんな時こそ温泉の出番です!

 

あたたかいお湯にゆっくり浸かると血流が良くなって、疲れの原因物質「乳酸」を排出しやすくなります。

 

乳酸がたまると筋肉痛になりやすいと言われているので、翌日に疲れを残さない為にも温泉はおすすめです。

 

さらに、お風呂に入ると体全体に水圧がかかります。

 

水圧のおかげで「足がダルい!」といった、むくみの症状も軽くなります。

 

2.ベタベタの汗や泥汚れがスッキリする

登山中は大量の汗をかくので、下山後も体がベタベタして気持ち悪いという人は多いです。

 

特に、長距離を車で運転しなければいけなかったり、電車やバスを使って帰宅する人は体の汚れが気になってしまいますね。

 

温泉に入れば、汗や泥汚れをスッキリ落とせます。

 

体がスッキリすると、気分も全然違いますよ。

 

ただし、山登り後は、汗や泥で体が汚れています。

 

周りの人の迷惑にならないように、体をサッと洗い流してから浸かるように心がけたいですね。

 

スポンサーリンク

 

3.温泉後のビールや料理

食事は家に帰ってゆっくり食べればいいと思われるかもしれませんが、登山後は装備の手入れやウェアの洗濯など、やることは山積み。

 

翌日が仕事だったりすると、登山の思い出に浸る余裕なんてありません。

 

忙しい人こそ、温泉でゆっくり食事を楽しむのがおすすめです。

 

食事

《参考ページ》

山登り用具の手入れ

 

特に子供連れで登山する場合、家に帰って子供のお風呂、片付け、料理、寝かしつけ、翌日の準備・・・とすべてをこなすのは大変。

 

でも、お風呂と食事を日帰り温泉で済ませてしまえば、家に帰宅した後は片付けと寝かしつけだけでいいので負担が減ります。

 

子連れの登山を計画している方は、日帰り温泉も利用して無理のない計画を立てるようにしましょう。

また、お酒好きの人が声を揃えて最高だというのが、温泉後に楽しむビールです。

 


登山で疲れた体を温泉で癒した後に飲むビールは格別!

 

「下山したぞ」という達成感や開放感を味わえます。

 

ただし、ビールを飲んでから温泉に入ると血圧が急激に上がって危険です。

 

ビールを楽しむ場合には、「入浴後」にしてくださいね。

 

日帰り温泉と食事を楽しむための3つのポイント

山から徒歩で行ける、もしくは立ち寄りやすい場所
タオルやシャンプーなどの貸し出しがある
休憩施設や食堂がある

 

一番のポイントは、登山予定の山から近いかどうかです。

 

シャトルバスがあったり、山から歩いて行けるのが理想的ですが、帰宅途中など立ち寄りやすい場所にある温泉でもいいでしょう。

 

また、登山中はずっとリュックを背負わなければいけないので、体の負担を減らすためにも荷物は最小限に抑えたいところ。

 

タオルやシャンプーの貸し出しがある施設を選ぶようにしてください。

 

さらに、休憩施設や食堂があるかも重要です。

 

山の周りには温泉だけ提供している施設も多いので、どんな設備が整っている温泉なのかを下調べしておくことをおすすめします。

 

なお、富士山周辺のおすすめの日帰り温泉については、こちらでご確認ください。

 

疲れをとるのにおすすめ!泉質で温泉選び

温泉選びに迷ったら「泉質」にこだわってみましょう。

 

登山後に最適な泉質を3つご紹介します。

 

単純温泉

日本中どこにでもある泉質で、成分濃度が薄く、体に負担がかかりにくいのが特徴です。

 

成分の濃い温泉は、登山後クタクタになった体には刺激が強すぎることがあるので、湯あたりしやすい人は「単純温泉」を選ぶと良いかもしれません。

 

炭酸水素塩泉

美肌効果抜群なのが、炭酸水素塩泉です。

 

皮膚表面にある古い角質を優しく落とすので、汗のべたつきがスッキリするだけでなく、お肌がツルツルになります。

 

パチパチはじける泡が爽快感を感じさせてくれるので、夏場など暑い時期の登山後におすすめです。

 

含鉄泉

含鉄泉は貧血や月経障害に効くと言われていて、女性に人気があります。

 

鉄分を含むので、お湯は赤褐色です。

 

血行を良くする作用もあるので、冷えた体を芯から温めるのにはぴったり。

 

夏場の登山よりも、春や秋など肌寒い季節におすすめです。

 

スポンサーリンク

関連ページ

一人で山登りするソロ登山
登山家の半数以上が楽しんでいる、ソロ登山。仕事のストレスを解消したい、自由気ままにのんびりしたいという人にはピッタリです。ソロ登山の楽しみ方や、一人だからこその危険についてまとめています。
山頂付近の山小屋へ泊まって星空・ご来光を楽しむ
朝早くから人混みの中を頑張って歩かなくても、ご来光は見られます!山頂付近の山小屋でご来光を見るのが、なぜオススメなのかをまとめました。特に、子供連れでご来光を計画している人は必見です。
友人グループと山登りを楽しむ
友人グループで歩く山登りは、楽しくて安全度もUP、しかも荷物が少なくて済むのでいいことだらけ。でも、気の知れた仲間同士で登るからこその注意点もあるんです!登山前に知っておいてほしいことをまとめました。
初心者でもロープウェイや車を使って高山を楽しむ
登山初心者でもロープウェイや車を使えば、2000m以上の高山を楽しめます。しかも本格的な登山装備も必要なし!どんな格好で登ればいいのかということや、オススメの山を紹介しています。
山登り中の食事を楽しむ
山登り中の食事は、ソロ登山かグループ登山かによっても違います。自分の登山スタイルに合った食事の楽しみ方を確認しておきましょう。カロリーメイトやスニッカーズなど登山家オススメ行動食もご紹介します。
電車で平日に人の少ない山登りを楽しむ
人気の山に登る予定なら、平日がオススメです。平日に山登りする3つのメリットや、電車を使った登山計画の立て方についてまとめました。無料の時刻表アプリもあるので活用してくださいね。
テントと寝袋を背負って1泊の山登り計画
テント泊は安上がりと聞いたけど、年齢や体力面が不安という人は多いはず。テント泊は本当にお得なのか、若くないとテント泊できないのかなど、登山初心者が気になる疑問をまとめました!必須アイテムも紹介します。
一度は登っておきたい富士山
標高3776mの富士山に、登山初心者が登るためのコツをまとめました。富士山5合目から注意が必要な「高山病トラブル」や、下山後に立ち寄りたい「オススメ日帰り温泉施設」も紹介します。
家族や子供と楽しむ山登り
「子供との会話が減った」、「一緒にいてもスマホばかりいじっている」。家族のきずなを深めたいという人に、家族登山はオススメです。家族登山を楽しむコツや、小さな子供を連れて行く時の注意点をまとめました。
紅葉時期の山登りを楽しむ
紅葉時期に合わせて山に登ってみませんか?秋の山に登る時の服装や虫刺されトラブルなど、登山前に読んでおくべき情報をまとめました。ロープウェイで手軽に行けるオススメ紅葉スポットもご紹介します。
春新緑の時期の山登りを楽しむ
春に山登りを始めるメリットや、デメリットについてまとめました。満開の桜が楽しめるオススメの山も3つご紹介します。ケーブルカーを使って登る山なので、登山装備がない人も今すぐ出かけられますよ!
初心者でも楽しめる雪山
雪山の危険について知って、必要な装備をしっかり整えれば、初心者でも雪山に登ることができます!危険が多い雪山を楽しむためのコツや、登山アイテムの選び方をご紹介します。