日本は新年度の始まりが4月なので、この時期に「何か始めたい!」と意欲が高まる方が多いと言われています。

 

「何か始めたい!でも何をしたらいいか分からない・・・」と思っている方は、山登りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

気候の良い春は、山登りを始めるにはピッタリの季節です。

桜

 

 

 

冬に山登りするより安全ですし、揃える登山アイテムも少なくて済みます。

 

春の山登りに必要な装備や、きれいな桜が楽しめる山など、今すぐ役立つ情報をまとめましたので参考にしてみてください。

 

春夏秋冬!季節ごとに変わる山の楽しみ方

春は山登りに最適なシーズンだと言われていますが、それには理由があります。

 

山登りの仕方は季節によって変わるので、季節ごとの山の特徴を知っておきましょう。

 

過ごしやすくて景色もきれい!春の山登り

時期 山の雪が解ける3月下旬から、梅雨に入る頃まで


1,000m程度の低山では3月下旬頃、2,000mを超える山では5月頃から春の山登りが楽しめます。

 

この時期になると山に残っていた雪がとけるので、足元はライトトレッキングブーツや、ミッドトレッキングブーツなどで十分です。

 

靴

 

 

春の草花を楽しみたい人は、「最近はポカポカ暖かい日が続いているな〜」と実感してから山登りの計画を立てましょう。

 

その理由は、山の気温が地上に比べて低いからです。

山の上

標高が1000m上がるにつれ、気温は6度も下がると言われています。

 

つまり地上よりも山の方が、春の草花が咲き始めるのは遅いということです。

 

各山の公式サイトには、「春の草花の見頃」に関する情報や「当日の気温」などが紹介されています。

 

気になる山を見つけたら、登山計画を立てる前に公式サイトを確認しておくと良いかもしれません。

 

強い日差しに気を付けて!夏の山登り

時期 梅雨が明けてから、8月下旬頃まで

梅雨が明けたら、いよいよ夏の山登りシーズンです。

 

春の山でチラホラ見えた雪はすっかりなくなって、山の緑はどんどん深みを増します。

 

ちょうど夏休みの時期なので、家族登山を計画しても良いかもしれませんね。

 

ただし2,000mを超える高山は、お盆を過ぎると秋の気配が出てくるので、夏山を楽しむなら7月末〜8月上旬に登るのがおすすめです。

 

夏は熱中症や日焼けに注意が必要だと言われますが、これは山も同じです。

 

「ちょっと焼けているくらいが健康的でいい」なんて思っていると、山の強い日差しで大変なことになってしまいます!

 

山登りの時は、女性だけでなく男性もしっかり日焼け予防してくださいね。

 

また、子供や高齢者だけでなく、若い人にも増えている「熱中症」の対策方法についても確認しておきましょう。

 

熱中症の2つのサインを見逃さないようにすれば、重症化するのを防げます!

 

スポンサーリンク

 

春の次におすすめ!秋の山登り

時期 9月〜10月

気候の面から言えば、秋は山登りに最適なシーズンです。

秋

暑さがやわらぐだけで、体力の消耗が少なくなります。

 

体力に自信がないという人は、春に登山デビュー。

 

夏は低山ハイキング程度にとどめておき、秋から再び本格的に山登りを始めてもいいかもしれませんね。

 

秋は色づいた木々が全国各地で楽しめるので、少し足をのばして紅葉を楽しんでみませんか?
こちらの記事では、おススメの紅葉スポットをまとめています。

《参考ページ》

紅葉時期の山登りを楽しむ

ただし秋の山は、日が落ちるのが早くて気温もグッと低くなります。


春よりも念入りに防寒対策するようにしてください。

慣れてきたら挑戦したい!冬の山登り

時期 11月〜3月

 

気象庁では冬の時期を「12月〜2月」としていますが、2,000mを超える高山は11月から雪山のシーズンに入ります。

 

冬の山登りは防寒装備にお金がかかりますし、持って行く荷物の量も増えます。

雪

 

春夏秋の登山靴とは別に、アイゼン(滑り止めのための金属製の爪)がついた雪山用の靴も揃えなくてはいけません。

 

雪山は危険がいっぱいで遭難者も多いので、初めての山登りでは避けた方が無難です

《参考ページ》

初心者でも楽しめる雪山

春の山登りには何が必要?注意することはある?

春は比較的安全に山登りできる季節ですが、それでも気を付けなければいけないことがいくつかあります。

 

春の山登りには何が必要なのかということや、虫刺されトラブル、エネルギー切れを防ぐおやつの選び方についてまとめました。

 

春の山登りに必要な装備まとめ

春とはいえ、山はまだまだ肌寒い季節が続くので、防寒着が欠かせません。

 

おすすめは、「軽くて薄い防寒着」。

 

日なたを歩くときや気温が上がる日中は、リュックの中にコンパクトにしまえるウィンドブレーカーが便利です。

 

スポーツメーカーでおなじみ「adidas」や「mizuno」のウィンドブレーカーはオシャレなので、普段使いするのにもぴったり。

 

予算を抑えたいという人は、デザインや機能性にこだわらなければ3,000円くらいで手に入ります。

 

また、山は急に雨が降り出すことも多いので、当然の雨に備えてレインウェアも持って行くようにしてください。

 

 

春は毛虫の季節!刺されたらどうしたらいい?

新緑の美しい春ですが、この時期は「毛虫」に気を付けなければいけません。

 

特に厄介なのが「毒蛾の幼虫」です。

 

毒針に触れただけで、我慢できない痒みに襲われ、全身に赤い湿疹が出ます。


見るからに危険な見た目をしているので触る人はいないと思いますが、うっかり刺されてしまったときの応急処置について確認しておきましょう。

小腹がすいた時のおやつも忘れずに

山登りは想像以上に体力を使います。

 

例えば、体重60sの人が5sのリュックサックを背負って、1時間山に登った場合の消費カロリーは約450kcal。

重い荷物

 

平地でのウォーキングや水泳と比べても、消費カロリーが大きいですね。

 

「下山してから美味しいものを食べよう!」という人もいると思いますが、途中でお腹が空いたときのために行動食(おやつ)を持って行きましょう。

 

片手で食べやすくて腹持ちのいい行動食をまとめてありますので、何を持って行くか迷ったときは参考にしてみてください。

 

軽食

登山家のおすすめコメントもご紹介しています。

《参考ページ》

山登り中の食事を楽しむ

 

春登山するなら見ておきたい!桜の名所

標高の高い山は開花シーズンが遅いので、4月中旬でも桜が楽しめます。

桜

 

「桜のシーズンを見逃しちゃった・・・」という方、さっそく登山計画を立ててみませんか?
春登山におすすめの「桜の名所」を3つご紹介します。

 

一度は登っておきたい!高尾山

高尾山

世界一の登山客を誇る高尾山は、桜の名所としても有名ですね。

 

高尾山(山頂付近)の桜が楽しめるのは、例年4月中旬頃。

 

街中の桜が満開になってから、1〜2週間後くらいに見頃を迎えます。

 

高尾山駅まではケーブルカーを使うのがおすすめですが、桜の季節はかなり混雑しています。

 

10時頃から登山客が増えだすので、始発の8時〜9時頃がねらい目です。

 

1日で2万人以上が訪れる!吉野山

一面の桜景色が楽しめる吉野山は、1日の登山客が2万人を超えるほど人気です。

 

「下千本」、「中千本」エリアは4月中旬、「上千本」エリアは4月中旬、「奥千本」エリアは4月下旬に見頃を迎えます。

 

エリアごとに開花予測時期が違うので、何度も足を運ぶ登山客も多いようです。

 

ただし桜のシーズン中は、渋滞緩和のために交通規制が行われ、「パーク&バスライド」が実施されます。

 

これらの情報は公式サイトに掲載されるので、車を利用する場合は忘れずにチェックしておきましょう!

麓から30分ほどで山頂へ!岩殿山

山梨百名山にも登録されている岩殿山は、大月駅から歩いて1時間、麓の駐車場からは30分ほどで山頂に到着するので、登山初心者でも安心です。

 

3月下旬から4月中旬にかけてはソメイヨシノ、4月下旬を過ぎてからはヤエザクラが見頃を迎えます。

 

天気が良ければ、富士山を背景に見事な桜が楽しめるおすすめスポットです!

富士山

※参考画像 大月市公式サイトより

 

スポンサーリンク

関連ページ

一人で山登りするソロ登山
登山家の半数以上が楽しんでいる、ソロ登山。仕事のストレスを解消したい、自由気ままにのんびりしたいという人にはピッタリです。ソロ登山の楽しみ方や、一人だからこその危険についてまとめています。
山頂付近の山小屋へ泊まって星空・ご来光を楽しむ
朝早くから人混みの中を頑張って歩かなくても、ご来光は見られます!山頂付近の山小屋でご来光を見るのが、なぜオススメなのかをまとめました。特に、子供連れでご来光を計画している人は必見です。
友人グループと山登りを楽しむ
友人グループで歩く山登りは、楽しくて安全度もUP、しかも荷物が少なくて済むのでいいことだらけ。でも、気の知れた仲間同士で登るからこその注意点もあるんです!登山前に知っておいてほしいことをまとめました。
初心者でもロープウェイや車を使って高山を楽しむ
登山初心者でもロープウェイや車を使えば、2000m以上の高山を楽しめます。しかも本格的な登山装備も必要なし!どんな格好で登ればいいのかということや、オススメの山を紹介しています。
下山したら日帰り温泉と食事を楽しむ
下山後のお楽しみ、「温泉と料理」の魅力についてまとめました。温泉の選び方や、入浴前のマナーについても紹介しています。山登りの疲れは、その日のうちにスッキリ解消しておきましょう!
山登り中の食事を楽しむ
山登り中の食事は、ソロ登山かグループ登山かによっても違います。自分の登山スタイルに合った食事の楽しみ方を確認しておきましょう。カロリーメイトやスニッカーズなど登山家オススメ行動食もご紹介します。
電車で平日に人の少ない山登りを楽しむ
人気の山に登る予定なら、平日がオススメです。平日に山登りする3つのメリットや、電車を使った登山計画の立て方についてまとめました。無料の時刻表アプリもあるので活用してくださいね。
テントと寝袋を背負って1泊の山登り計画
テント泊は安上がりと聞いたけど、年齢や体力面が不安という人は多いはず。テント泊は本当にお得なのか、若くないとテント泊できないのかなど、登山初心者が気になる疑問をまとめました!必須アイテムも紹介します。
一度は登っておきたい富士山
標高3776mの富士山に、登山初心者が登るためのコツをまとめました。富士山5合目から注意が必要な「高山病トラブル」や、下山後に立ち寄りたい「オススメ日帰り温泉施設」も紹介します。
家族や子供と楽しむ山登り
「子供との会話が減った」、「一緒にいてもスマホばかりいじっている」。家族のきずなを深めたいという人に、家族登山はオススメです。家族登山を楽しむコツや、小さな子供を連れて行く時の注意点をまとめました。
紅葉時期の山登りを楽しむ
紅葉時期に合わせて山に登ってみませんか?秋の山に登る時の服装や虫刺されトラブルなど、登山前に読んでおくべき情報をまとめました。ロープウェイで手軽に行けるオススメ紅葉スポットもご紹介します。
初心者でも楽しめる雪山
雪山の危険について知って、必要な装備をしっかり整えれば、初心者でも雪山に登ることができます!危険が多い雪山を楽しむためのコツや、登山アイテムの選び方をご紹介します。