登山ブームの影響もあり、休日や祝日の山は登山客でいっぱいです。

 

その結果、自分のペースで思うように歩けなかったり、トイレが長蛇の列になっていて利用できないことも少なくありません。

トイレ

 

 

山登りに慣れていない初心者の方は、平日に行くのが断然おすすめです!

 

平日の山登りがおすすめの理由や、電車を利用した登山計画のコツ、電車を使う時に便利な無料アプリをまとめました。

 

初心者が山登りを「平日」にすべき3つの理由

登山ツアーや登山サークルの活動は人の集まる休日がメインなので、人気のある山でも平日は空いていることが多いです。

 

平日休みの人はこのチャンスを生かして、のびのびと山登りを楽しみましょう!

 

1.マイペースで登山しやすい

山を登る

休日の山は人が多いので、自分のペースで歩くことができません。

 

特に厄介なのが、ツアーの団体客。

 

歩くペースが遅かったり、話し声や笑い声がうるさくて不快だと感じることがあります。

 

でも、団体客は人数が多いので、追い抜こうと思ってもなかなか抜けません。

 

反対に、自分の歩くペースが遅すぎて後ろが長蛇の列・・・ということも。

 

初めての登山でペースがつかみにくい中、周囲を気にして歩くのは大変です。

 

でも、ツアーの多くは休日に開催されますし、平日なら人も少なくマイペースで登れます。

 

初心者で山に登るペースも良く分からないという人こそ、平日登山がおすすめです。

2.下山後の温泉も空いている

山登りと温泉をセットで楽しむ人は増えています。

 

山が混んでいると周辺の温泉施設も混むことが多いのですが、湯船が人でいっぱいだと落ち着きませんよね。

 

でも、平日なら温泉も広々入れます!

 

下山後の温泉は疲れをとるのにぴったりなので、ぜひお試しください。

 

スポンサーリンク

 

3.山小屋の予約が取りやすい

山小屋
山登り人気の高まりとともに、利用者が急激に増えたのが「山小屋」です。

 

個室が完備されたホテル並みの山小屋では、連休の数か月前から予約が埋まっていることも珍しくありません。

 

「山小屋=ホテルや温泉旅館のようなところ」とイメージする方は多いのですが、個室完備の山小屋はかなり少数派。

 

山小屋のほとんどは、大部屋に布団をひいて寝るタイプです。

 

しかも、山小屋は「来た人はすべて受け入れる」がルールです。

 

人が多すぎて布団が足りない時は、1つの布団を数人で分けあったり、座って眠ることもあります。

 

山登り初心者だと、山小屋に着くころはヘトヘトになることがほとんど。

 

そんな状態で、夜もしっかり眠れないのは辛いですよね。


初心者で山小屋を利用する場合は、人の少ない平日がおすすめです。

 

電車が便利!平日の山登り

電車

平日に山登りするなら、山まで電車を使ってみませんか?

 

平日は仕事の人が多いので、電車の乗客は都心部へと流れます。

 

つまり、平日は山だけでなく、山に向かう電車も空いているのです。

 

休日は山に向かう人で混みあう電車も、平日ならガラガラ。

 

座席だって余裕で座れますし、リュックサックを背中からおろして一休みすることもできます。

 

大きなリュックが他の人の迷惑にならないかとか、下山後で疲れているけどリュックを下ろすスぺースがない・・・といった悩みもゼロです。

 

しかも、電車は車と違って渋滞の影響をうけません。

 

電車のダイヤが大幅にズレることはめったにないので、登山計画も立てやすいですよ。

 

入れておくと便利!無料の時刻表アプリ

電車移動で欠かせない時刻表は、iPhoneやアンドロイド向けのアプリで取得すると便利です。
Yahoo!乗換案内
普段利用しない駅だと、どこから乗ればいいのか迷ってしまうことがありますね。

 

そんな時は、「Yahoo!乗換案内」の場所検索機能が役立ちます。

 

今いる場所から駅を探したり、駅までのルート検索、乗換案内まで無料です。

 

場所によっては1時間に1〜2本しか電車が来ないところもあるので、発車時刻を事前に把握して余裕をもって行動するようにしましょう。

《参考アプリ》

Yahoo!乗換案内

 

スポンサーリンク

関連ページ

一人で山登りするソロ登山
登山家の半数以上が楽しんでいる、ソロ登山。仕事のストレスを解消したい、自由気ままにのんびりしたいという人にはピッタリです。ソロ登山の楽しみ方や、一人だからこその危険についてまとめています。
山頂付近の山小屋へ泊まって星空・ご来光を楽しむ
朝早くから人混みの中を頑張って歩かなくても、ご来光は見られます!山頂付近の山小屋でご来光を見るのが、なぜオススメなのかをまとめました。特に、子供連れでご来光を計画している人は必見です。
友人グループと山登りを楽しむ
友人グループで歩く山登りは、楽しくて安全度もUP、しかも荷物が少なくて済むのでいいことだらけ。でも、気の知れた仲間同士で登るからこその注意点もあるんです!登山前に知っておいてほしいことをまとめました。
初心者でもロープウェイや車を使って高山を楽しむ
登山初心者でもロープウェイや車を使えば、2000m以上の高山を楽しめます。しかも本格的な登山装備も必要なし!どんな格好で登ればいいのかということや、オススメの山を紹介しています。
下山したら日帰り温泉と食事を楽しむ
下山後のお楽しみ、「温泉と料理」の魅力についてまとめました。温泉の選び方や、入浴前のマナーについても紹介しています。山登りの疲れは、その日のうちにスッキリ解消しておきましょう!
山登り中の食事を楽しむ
山登り中の食事は、ソロ登山かグループ登山かによっても違います。自分の登山スタイルに合った食事の楽しみ方を確認しておきましょう。カロリーメイトやスニッカーズなど登山家オススメ行動食もご紹介します。
テントと寝袋を背負って1泊の山登り計画
テント泊は安上がりと聞いたけど、年齢や体力面が不安という人は多いはず。テント泊は本当にお得なのか、若くないとテント泊できないのかなど、登山初心者が気になる疑問をまとめました!必須アイテムも紹介します。
一度は登っておきたい富士山
標高3776mの富士山に、登山初心者が登るためのコツをまとめました。富士山5合目から注意が必要な「高山病トラブル」や、下山後に立ち寄りたい「オススメ日帰り温泉施設」も紹介します。
家族や子供と楽しむ山登り
「子供との会話が減った」、「一緒にいてもスマホばかりいじっている」。家族のきずなを深めたいという人に、家族登山はオススメです。家族登山を楽しむコツや、小さな子供を連れて行く時の注意点をまとめました。
紅葉時期の山登りを楽しむ
紅葉時期に合わせて山に登ってみませんか?秋の山に登る時の服装や虫刺されトラブルなど、登山前に読んでおくべき情報をまとめました。ロープウェイで手軽に行けるオススメ紅葉スポットもご紹介します。
春新緑の時期の山登りを楽しむ
春に山登りを始めるメリットや、デメリットについてまとめました。満開の桜が楽しめるオススメの山も3つご紹介します。ケーブルカーを使って登る山なので、登山装備がない人も今すぐ出かけられますよ!
初心者でも楽しめる雪山
雪山の危険について知って、必要な装備をしっかり整えれば、初心者でも雪山に登ることができます!危険が多い雪山を楽しむためのコツや、登山アイテムの選び方をご紹介します。