山登りは、辛くて大変なものだと思っていませんか?

 

クタクタになりながら最後まで登りきらないと達成感は得られない、そう考えている方が多いかもしれません。

 

でも、山登りの楽しみ方はいろいろです。

 

辛くて大変な山登りもあれば、マイペースでラクラク楽しめる山登りもあります。

 

山登り

 

 

もしも「大変そうだから」という理由で山登りをためらっているのなら、こちらで紹介している記事をぜひ読んでみてください。

 

山登りに対するイメージがガラリと変わるかもしれません。

 

日本の四季を楽しむ山登り

日本は四季があるので、季節ごとに違った山の魅力を楽しめます。

 

登山デビューにおすすめなのは、春の季節

桜の花

 

残雪がなくなり、気温がポカポカ暖かくなる春は、荷物や装備が少なくて済みます。

 

春の次におすすめなのは!!

秋の季節

秋の山

 

紅葉で有名な山は、観光客用にロープウェイやケーブルカーがあることが多いので、登山用の装備がなくても手軽に登山を楽しめます。

 

山登りに慣れてきたら!!

挑戦してみたいのが冬の雪山

冬

 

こちらの記事では、「雪山って危険なんでしょ?そうまでして何で登るの?」という方のために、雪山の魅力についてまとめています。

 

他の季節では味わえない雪山の魅力を知れば、雪山に登りたくてウズウズしてくるかもしれません。

 

日本人なら1度は登っておきたい!富士山の楽しみ方

日本一の山といえば、富士山。

 

山登りするなら、一度は登っておきたいですよね。

 

富士山

 

ただし富士山のように人気の山は、休日の混み具合がすごいです!

 

ゆっくりマイペースで登ろうと思ったら、平日に出かけてみましょう。

 

登山客が少ないので静かですし、トイレに行くために長蛇の列・・・なんてこともないので、時間を有効活用できます。

 

なお、富士山は5合目まで車で移動できます。

 

富士山の標高は3776mもあるので、体力に自信のない人や登山初心者の方は、5合目から登るのがおすすめです。

 

また、山頂付近の山小屋に泊まって、ご来光を楽しむプランも人気です。

 

山頂付近に雲がかかっている時でも、8合目から綺麗にご来光が見えることもあります。

 

山小屋に泊まれば早朝から出発しなくていいので、肉体的にもかなりラクですよ。

 

山小屋

 

ただし山小屋は、1泊あたり6,000〜10,000円くらいかかります。

 

山登りの費用を節約しようと思ったらテント泊がおすすめです。

 

  • テント泊は若い人向け?
  • どれくらい節約できるの?

 

このような疑問については、こちらの記事で詳しくまとめてあります。

 

食事に温泉!山登りのお楽しみ

山登りの楽しみは、「山に登るだけ」ではありません。

 

例えば、広大な自然の中で食べる食事は格別です。

 

野菜やたんぱく質が同時に摂れる「煮込み料理」なら手軽で、冷えた体を温めるのにもピッタリ。

 

標高の高い山は強火を維持するのが大変なので、中火でもおいしく調理できるメニューを選びましょう。

 

食べ物

 

エネルギー切れ防止のための「行動食」も、忘れずに持って行きたいですね。

《参考ページ》

山登り中の食事を楽しむ

 

また、登山ブームで増えているのが「日帰り温泉施設」です。

 

シャンプーやリンス、スキンケア用品はもちろんのこと、タオルまでレンタルできるので、余計な荷物が増えないのも嬉しいですね。

 

下山後は温泉と美味しい料理で疲れを癒しましょう!

 

スポンサーリンク

 

1人でのんびり?それともグループで楽しむ?山の登り方

山の登り方は、大きく分けて2つあります。

 

1人で山に登る「ソロ登山」

 

何人かで山に登る「グループ登山」

 

某登山雑誌によると、ソロ登山率は5割以上。

 

ある程度山に慣れてくると、1人で自由気ままなソロ登山を楽しむ登山家が多いようですね。

《参考ページ》

一人で山登りするソロ登山

 

でも、ソロ登山では何かあった時に助けてくれる人がいないので、初めての山登りは経験者と一緒に登る「グループ登山」の方が安心でしょう。

 

グループ登山

 

仲のいい友人たちと登る山登りなら、道中も楽しいこと間違いなしです。

 

ただし友人グループの山登りでは、周りの迷惑にならないように気を付けなければいけないことも多いです。

 

横並びになって歩かないのはもちろんのこと、会話の内容や、声のボリュームにも配慮する必要があります。

 

また、万が一トラブルがあった時に、どう対処するかについても話し合っておかなくてはいけません。

 

例えば、一人だけ体調が悪くなった時にみんなで下山するのか、それとも休憩して様子を見るのか、といったことです。

 

同じ山でも、1人で登るのとグループで登るのとでは、山のイメージや達成感は変わります。

 

色々試しながら自分にあう登山スタイルを見つけて、山登りを楽しんでくださいね。

 

小さい子供がいても大丈夫!山登りを家族みんなで楽しもう

家族で登山

「山登りしたいけど子供がいるから・・・」とか、「休日に自分だけ山登りに出かけるのは気が引けるなぁ」という人は、家族みんなで山登りを始めてみてはいかがでしょうか。

 

山登りは、年齢や性別に関係なく楽しめる趣味の1つです。

 

ロープウェイや車を使って、手軽に登れる山もたくさんあります。

 

こちらの記事では、子供と一緒に楽しむ山登りの方法や、幼児を連れて行く場合のワンポイントアドバイスを紹介しています。

 

ガイドブックに載っていないリアルな情報をまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

《参考ページ》

家族や子供と楽しむ山登り

 

スポンサーリンク

山登りの楽しみ方はいろいろ記事一覧

周りに山登りする人がいない、一人で気ままに登りたいなど、ソロ登山をする理由は人それぞれ。ソロ登山は自分のペースで自由に行動できるのが魅力ですが、一人だからこそ気を付けなければいけないこともたくさんあります。ソロ登山の楽しみ方やメリット・デメリット、安全に登るための装備についてまとめました。ソロ登山のメリットとデメリット山選びからコース選びまで自分で決める、ソロ登山。周りの予定に合わせる必要がないの...

山登りの楽しみの一つ、ご来光。ご来光を見るために山登りに挑戦する方も多いです。でも、山の早朝は気温がかなり低く、頂上でご来光を待ち受けるのは大変です。そこで、初心者にも挑戦しやすい「山小屋」を使ったご来光の楽しみ方についてまとめました。山小屋を使えば、子供連れでも無理なくご来光を楽しめます!ご来光ってどんなもの?山頂近くでは霧などの影響を受けて、太陽の光が虹の輪になってみえることがあります。人の影...

一人でのんびり歩くのも良いですが、気の知れた仲間たちとおしゃべりしながら歩く山登りも楽しそうですよね。昭文社が実施したアンケート結果によれば、男性の3割以上、女性では7割以上が友人たちと山登りを楽しんでいるようです。ここでは、友人グループと一緒に登山を楽しむメリットやデメリット、友人と一緒に行くからこそ心がけたいマナーについてまとめました。友人グループで山登りするメリット・デメリット山登りは、ソロ...

山登りに挑戦したいけど、装備をすべて揃えるのはお金がかかるし、最後まで登り切れるか不安な人は多いと思います。そのような場合には、ロープウェイや車を使った山登りから始めるのがおすすめです。ロープウェイや車が使えるおすすめの山や注意点、あると心強い登山アイテムをご紹介します。ロープウェイや車を使うメリット山によっては、山頂まで一気に移動できるロープウェイがあったり、車で途中まで移動することができます。...

一日中歩いた後の温泉やおいしい料理は格別!この感覚を一度味わってしまうと、「山登りと日帰り温泉はセットじゃないとダメ!」と言う人もいるくらいです。どうしてここまで日帰り温泉が人気なのかということや、温泉選びの方法についてまとめました。下山後に日帰り温泉と食事を楽しむ3つのメリット「下山してヘトヘトなのに温泉に行くなんて・・・」と思う方もいるかもしれません。でも、まっすぐ家に帰るより温泉に入った方が...

山登りは、思った以上に体力を使います。初心者向けの山でも片道2〜3時間ほどかかるので、食事の用意は欠かせません。山登り中の食事メニューの決め方や片手でつまめる行動食など、山登り中のエネルギー切れを防ぐコツをまとめました。ソロ登山とグループ登山での食事の違い食事に必要な料理道具が少なくて済むのは、グループ登山です。お湯を沸かすためのバーナーやクッカー(鍋)は共有できますし、食材も何人かで分担して持っ...

登山ブームの影響もあり、休日や祝日の山は登山客でいっぱいです。その結果、自分のペースで思うように歩けなかったり、トイレが長蛇の列になっていて利用できないことも少なくありません。山登りに慣れていない初心者の方は、平日に行くのが断然おすすめです!平日の山登りがおすすめの理由や、電車を利用した登山計画のコツ、電車を使う時に便利な無料アプリをまとめました。初心者が山登りを「平日」にすべき3つの理由登山ツア...

山で1泊すれば、日帰りで山登りするときより2倍近い距離を歩けます。手軽に山小屋を利用することもできますが、ある程度山に慣れてきたらテントや寝袋を使って1泊してみてはいかがでしょうか。宿泊費用が節約できますし、テント泊ならではの楽しみ方もたくさんあります。難易度が高いと思われがちなテント泊。どんな特徴があって、どんな登山アイテムが必要なのかを知って、準備万端で挑戦してみましょう!コレって本当?テント...

富士山は、登山人気No.1と言われています。「日本一の山」というだけあって、その人気は絶大です。でも、富士山の標高は3,776m。初心者向きの山は1,000〜1,500mと言われているので、最後まで登りきれるか不安になってしまいますね。そこで、初心者におすすめの富士山の登り方や、疲れた体をいやすのにピッタリの日帰り温泉情報をまとめました。富士山で意外と多いトラブル、「高山病」についても確認しておき...

山登りは、子供が大きくなっても一緒に楽しめるので、家族で共通の趣味を持ちたいという人にピッタリ。日帰りで行ける山なら、土日の休みを使って気軽に出かけられます。ただし、子供と行く登山では想定外の大変なことも・・・。ガイドブックには乗っていない「幼児連れ登山」のポイントもご紹介します。家族や子供と山登りする3つのメリット・デメリットワクワクして登山に出かけたはずが「こんなはずじゃなかったのにな〜」とか...

せっかく日本に住んでいるのですから、紅葉時期の山を楽しんでみませんか?日本の紅葉は世界一美しいと言われていて、わざわざ海外から見に来る人もいるくらい有名です。紅葉時期に楽しむ山登りのポイントや、日帰りで手軽に行けるおすすめの山をご紹介します。紅葉時期の山登りで気を付けたい3つのこと地域にもよりますが、山の紅葉時期は9月〜11月。「秋」といっても肌寒くなってきている頃です。紅葉時期の山登りで気を付け...

日本は新年度の始まりが4月なので、この時期に「何か始めたい!」と意欲が高まる方が多いと言われています。「何か始めたい!でも何をしたらいいか分からない・・・」と思っている方は、山登りに挑戦してみてはいかがでしょうか。気候の良い春は、山登りを始めるにはピッタリの季節です。冬に山登りするより安全ですし、揃える登山アイテムも少なくて済みます。春の山登りに必要な装備や、きれいな桜が楽しめる山など、今すぐ役立...

「冬は天気の変化も大きいから、初心者向きではない」と言われています。冬の雪山は天気が変わりやすく、遭難者が多いからです。でも冬の雪山は、春夏秋の山にはない感動や達成、そして美しさがあります。ここでは、体験した人にしか分からない雪山の魅力や、雪山を登るために必要な装備をまとめました。冬の雪山は危険?雪山の魅力って何?登山ガイドブックや、登山の情報サイトを開くと、必ずと言っていいほど「初心者は冬の雪山...