東海自然歩道は、簡単にいえば長い長い「歩道」です。

 

その総延長は、なんと1697.2q。

山道

 

 

 

全ての道を制覇するためには、毎日歩き続けても2か月近くかかると言われています。

 

実際に東海自然歩道の完歩を達成した方の中には、5年、6年と長い年月をかけている人もいるようです。

 

ただし歩道といっても綺麗に舗装された道が続くわけでなく、木の根っこがボコボコ出ているところや、険しい山道なんかもあります。

 

「何年かけてでも完歩したい!」、そう思う人が後を絶たない東海自然歩道。

 

どんな魅力があるのかということや、各地のおすすめコースをまとめました。

 

1都2府8県!おさえておきたいオススメコース

東海自然歩道は、1都2府8県※をつなぐ長い歩道です。

 

どこから歩こうかと悩んでいるのであれば、まずはここで紹介しているオススメコースから歩いてみてください。

 

※東京都・大阪府・京都府・神奈川県・山梨県・静岡県・愛知県・岐阜県・三重県・滋賀県・奈良県

 

高尾山

高尾山

 

東京でおさえておきたいのは、東海自然歩道の東の起点「高尾山」です。

 

 

薬王院までの登山ルートは道が舗装されていて歩きやすいですし、標高599mの低山なので日帰りで楽々登れます。

 

都心から1時間とアクセスもいいので、観光気分で訪れてみてもいいかもしれませんね。

 

パワースポットもあるので、出発前にぜひチェックしてください。

高尾山

 

猿投山

 

東海地方のオススメは愛知県の標高629mの「猿投山」。

 

天気が良ければ、御嶽山・南アルプス・中央アルプスが見渡せます。

 

猿投神社駐車場から山頂を往復するだけなら、登山時間は3〜4時間ほどなので初心者向きの山です。

 

鳥居といえば赤色をイメージすると思いますが、こちらの神社の鳥居は黄色と珍しい色をしています。

 

お正月の初詣やお宮参りなど、県内外から多くの参拝客が訪れる人気のスポットです。

 

紅葉時期が人気の猿投山ですが、実は雪山もオススメ。

 

低山でアップダウンが少なく、道も整備されていて歩きやすいです。

 

登山道の途中には、トイレも設置されています。

トイレ

 

山登りに慣れて雪山に興味が出てきたら、挑戦してみてもいいかもしれませんね。

 

ただし雪山は危険も多いので、万全の装備で臨むようにしてください。

《参考ページ》

初心者でも楽しめる雪山

 

スポンサーリンク

 

ポンポン山

 

大阪と京都の境目にある「ポンポン山」もおすすめです。

 

山頂からは京都が一望でき、春は桜、初夏は花菖蒲、秋は紅葉と、季節ごとにいろいろな表情を見せてくれます。

 

高槻市から山頂、そこから善峰寺に下るルートで往復5時間〜5時間半が目安です。

 

山登りに慣れてきたら、東尾根ルートで山頂を目指してみましょう。

 

西尾根ルートに比べてアップダウンが多く体力的にちょっとキツいのですが、景色が良く、休日も比較的すいています。

 

紅葉の季節は特に混みあうので、ゆっくり登りたい方は東尾根ルートがオススメです。

 

「ポンポン山」という子供が喜びそうな名前の由来ですが、山頂で足踏みするとポンポンと音がしたことだと言われています。

 

本当に音が鳴るのか、実際に登って確かめたくなりますね!

 

東海自然歩道を歩いてみよう!

総延長1697.2qある東海自然歩道を制覇するには、3つの方法があります。

 

自分で計画を練って完歩を目指す方法

この場合は、先ほどご紹介した「オススメコース」や、東海自然歩道の公式サイトで紹介されているコースガイドが役に立ちます。

 

「東海自然歩道MAP」などコースの分かるものを用意して、どこから制覇を目指すか決めるといいでしょう。

 

「とりあえず歩いてみよう」と登山を繰り返していると、どこまで制覇したのか把握しきれなくなってしまうのでご注意ください。

 

《参考サイト》

東海自然歩道MAP

 

旅行会社が企画しているツアーに参加する方法

 

ツアーなら自分でルートを調べる必要がありませんし、公共機関の乗り継ぎもすべてお任せできます。

 

観光がメインのプランや食事つきのプランもあるので、「本格的な山歩きはちょっと・・・」という年配の方にもおすすめです。

 

ただし、東海自然歩道をツアーだけで完歩しようと思うと、何十万〜百万円を超えるお金が必要になります。

 

ツアーは何から何までお任せなので手軽ですが、予算とのバランスを見ながら利用するのがおすすめです。

山

東海自然歩道の完歩を目指すサークルに所属する方法

入会金や年会費が必要なサークルもありますが、ツアーに毎回参加するよりは安上がりです。

 

ただし「東海自然歩道の制覇状況」は、メンバーによってバラバラです。

 

自分はすでに制覇したことのあるところを再び歩かなければいけないこともあるかもしれません。

 

東海自然歩道をただ歩くことが目的ならいいのですが、「制覇すること」が目的なのであればサークルに参加するより自分で計画を立てた方が効率的です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

世界一の登山客を誇るパワースポット高尾山
高尾山に行くなら、金運アップ、縁結び、安産祈願などパワースポットの場所を確認しておきましょう!リフトコース、ケーブルカーコース、完全徒歩コースの3ルートの違いについてもご紹介します!
自然豊かな御岳山!大型ペット連れでも楽しめる
御岳山は、春夏秋冬で様々な植物が楽しめるのが魅力です。特に紅葉の時期はオススメ!混雑を避けるコツもまとめているので参考にしてみてください。ペット連れの方に嬉しいケーブルカー情報もご紹介します。
富都内唯一2000m越えの雲取山!富士山や南アルプスまで見渡せる!
雲取山の山頂から見る景色は、都内一!ここでは、初心者向きの「鴨沢ルート」について詳しくまとめています。比較的楽に登れるところと勾配がキツいところの差が大きいので、コースの特徴をつかんでおきましょう。
三頭山で子供と山歩き!ウッドチップの道で転んでも安心
三頭山は、小学校入学前の子供との山歩きにピッタリ!施設内のトイレは綺麗ですし、ウッドチップが敷かれたコースなら転んでも安心。ここでは「森林館」を起点とした3つのおすすめコースをご紹介します。