登山サークルに参加する方法

 

1人で山に登るのも気楽でいいですが、仲間とわいわい登山するのも楽しいものです。

 

でも、周りに山登りをする人がいないと悩んでいる人は多いかもしれません。

 

登山仲間を見つけたいと思ったら、登山サークルに参加してみましょう。

団体ツアー

 

 

ここでは、登山サークルに参加するメリット・デメリットや、自分にぴったりの登山サークルの探し方をご紹介します。

 

登山サークルに参加するメリットとデメリット

登山サークルは、「登山を楽しみたい!」と思う人たちの集まりです。

 

所属している年齢層は18歳〜70歳以上と幅広く、職業や登山経験も様々。

 

性別は問わないところが多いですが、若い女性の登山人気に伴って「女性だけ」の登山サークルも増えてきています。

 

所属するサークルにもよりますが、毎回必ず参加しないとダメとか、このレベルに達するまでハードな練習を積まないとダメ・・・なんていう厳しいところは少ないです。

毎日厳しい練習に参加しなければいけない中学・高校の部活動というよりは、自由度が高い大学のサークルのようなイメージですね。

 

登山サークルに参加する一番のメリットは、登山仲間ができることです。

 

仲間の経験や情報を仲間と共有することで、山登りの知識が増えます。

 

まだ登った経験がない山の情報を得られできたり、歩き方のコツやパッキング技術、おすすめアイテムの情報交換ができます。

 

1人では登り切れるかどうか不安な山でも、仲間がいれば挑戦しようと思えるかもしれません。

 

実際に、「サークルに入ったら、今までよりも山登りが楽しくなった!」と言う声も多いです。

 

でも、登山サークルに参加するデメリットもあります。

 

費用面です

年間費

 

サークルを維持・管理するために「会費」が必要なことがあります。

 

年会費は2000〜10000円と幅広く、保険料(スポーツ安全保険など)が別途請求されるサークルも多いです。

 

登山ツアーに参加するよりは安いのですが、年に1〜2回しか登山サークルの活動に参加しない人にとっては「高い!」と感じるかもしれません。

 

費用面が心配な方は、年会費が一切かからない登山サークルを探してみましょう。

 

主催者が趣味で運営している登山サークルは、費用が一切かからないことが多いです。

 

いろいろと行動が制限されてしまうこと

 

サークルに所属していると、団体行動が基本です。

 

自分だけ別のコースを歩いたり、ちょっと疲れたから休憩する・・・といった自由行動はできません。

 

また、登山サークルのレベルや内容が自分の思ったものでないと、「つまらない」とか「窮屈だ」と感じてしまう可能性もあります。

 

登山サークルを見つけたから「ここでいっか」とすぐに決めるのではなく、まずは見学してから参加を決めることです。

 

特に、入会費や年会費が必要なサークルは、慎重に決断しましょう。

 

参加してみて自分に合わないと思えば、無理して所属し続ける必要はありません。

 

登山を楽しむためにも、自分に合うサークルを探しましょう!

 

登山サークルの探し方3選

どんな山を目指すのかということや、登山スタイルはサークルによって全然違います。

 

登山を趣味とする人たちの婚活サークル、低山で景色を楽しむサークル、ちょっとハードな山に挑戦するサークル、山登りに限らずアウトドア全般を行うサークルなど実に様々です。

 

まずは、どんなサークルに参加してみたいかをイメージしてみましょう。

 

登山サークルの探し方を3つご紹介しますので、自分に合った探し方で、目的の登山サークルを見つけてください。

 

ブログやホームページから探す

実際に登山サークルに参加している人の多くは、スマホやパソコンを使ってサークルを探しているようです。

 

パソコン

 

個人が主催しているサークルの場合には、主催者のプロフィールやブログなどを見て、どんな雰囲気のサークルかイメージしてみましょう。

 

なお、日本中の山に挑戦してみたいというのなら「山頂cafe」のように全国各地に拠点がある登山サークルでもいいですが、初心者にはちょっとハードルが高いと感じるかもしれません。

 

例えば、東北地方に住んでいながら、九州地方の山に登るとなると移動だけで大変ですよね。
移動のための交通費だけでかなりかかってしまいます。

まずは、自宅近郊の山で活動できる登山サークルに参加してみましょう。

 

「登山サークル 関東」という風な検索ワードで調べてみると、関東近郊で活動している登山サークルが見つかります。

 

スポンサーリンク

 

山岳雑誌から探す

「インターネットで探した登山サークルに参加するのは、なんだか不安だなぁ」と思う人は、山岳雑誌をチェックしてみましょう。

 

山岳雑誌の巻末には、各サークルの募集ページが設けられていることが多いです。

 

掲載スペースの都合上、詳細が記載されていないことがありますから、分からないことがあれば直接問い合わせてみるといいでしょう。

 

なお、山岳雑誌では「山と渓谷(月刊)」、「新ハイキング(月刊)」なんかが有名です。

 

募集チラシから探す

普段あまり意識して見る人は少ないかもしれませんが、市町村のHPやお知らせ、スーパーの掲示板にチラシで募集が貼られていることもあります。

 

こういったところで募集されている登山サークルは、基本的には近場で活動しているところがほとんど。

 

参加している仲間も近場に住んでいる可能性が高いので、近所で登山仲間を探したい人にはおすすめです。

 

スポンサーリンク

関連ページ

山登りでテント泊する前に山小屋を利用する
山小屋の予約方法やチェックイン後の過ごし方、相部屋を利用するときのマナーについてまとめました。山小屋に夕方4時までに到着しなければいけない3つの理由もご紹介します。
プロの指導を受けられるツアーを利用する
登山ツアーの探し方や、安全なツアー探しのコツをまとめました。ツアーなら山選びからコース選びまで丸ごとお任せできます!山登りの計画を立てるのが大変なら、登山ツアーに参加してみましょう。
登山ロープ(ザイル)の縛り方
登山用ロープの選び方や、基本的な「8の字結び」について分かりやすくまとめました。初めての山登りで使うことはまずないですが、知っておくといつか役立つ知識です!
登山の基礎知識とマナー
登山家が選ぶ、絶対に知っておくべき5つの登山マナーについてまとめました。ガイドブックに書かれている山のマナーが全てではありません!経験に基づくケースバイケースの対処法を確認しておきましょう。
山登りでお湯を沸かしコーヒーを淹れる
山登りに慣れてきたら「山コーヒー」に挑戦してみませんか?手軽な道具で、意外と本格的なコーヒーが楽しめますよ! 山コーヒーに欠かせない5つの道具と、おすすめアイテムをまとめました。