登山ロープ(ザイル)の縛り方

 

転落する危険があるような足場の悪い山では登山ロープ(ザイル)が欠かせません。

 

道が整備された初心者向けの山登りでは必要ありませんが、登山の楽しみがわかってくると難易度の高い山に挑戦したいと思うものです。

 

ザイル使用

 

 

 

ここでは、登山用ロープの種類や使い方、基本的な縛り方についてまとめています。

 

今はまだ知らなくていいと思う方もいるかもしれませんが、登山用ロープの使い方について知っておけば、登山の楽しみがますます広がりますよ!

 

登山用ロープってどんなもの?どんな時に使うの?

登山用ロープは、危険な山道を安全に登るために使われます。

 

初心者向けの山はある程度道が整備されていますが、上級者向けの山になると道らしい道がなく岩場を登って進むようなところも多いです。

 

岩場では少しでも歩きやすいようにと「鎖」が打ち込まれていることがあるのですが、それだけだとうっかり足を滑らせて真下に落ちてしまうかもしれません。

 

そこで登場するのが、登山用ロープです。

 

ロープと鎖を結んでおけば、万が一足を滑らせても地面まで落ちることはありません。

 

その他、複数人で登山するときにバラバラにならないようにお互いの体を結び付けたり(アンザイレン)するのにも使われます。

 

登山ロープを縛ってみよう!

登山ロープは、「なんとなく結んで使う」のは危険です。

 

「危険」だなんて大げさだと思うかもしれませんが、足場の悪い岩場ではロープが命綱代わりです。

 

登山ロープは、体に装着したハーネス(幅広のベルトのようなもの)と繋いで使用します。

 

登山ロープの結び方はいろいろありますが、まずは基本の8の字結びをマスターしておきましょう。

 

※ここでは分かりやすく「8の字結び」(日本では呼び方が特に統一されていないようです)と呼んでいますが、ハーネスと連結する結び方を区別して「二重8の字結び」と呼ぶこともあります。

 

基本の8の字結び

強度があるうえに、ほどきやすい基本の8の字結びです。

 

紐を結んだ時の形が数字の「8」のようにみえることから、このように呼ばれています。

 

止め結び(紐で輪を作ってギュッと結ぶだけの、ごくごく普通の結び方)と比べると、結び目が大きくなるのが特徴です。

 

まずは、紐の端から30pほどのところで小さな輪を作ります。

 

次に、紐の端をもって8の字を作るように交差させたら、最初に作った輪の中に通します。

 

あとは、結び目の両端をギュッと引くだけです。

8の結び

 

スポンサーリンク

 

8の字結びの応用!ハーネスと繋いでみよう

 

ハーネスを作る時には、ロープの端から1mほどのところで基本の8の字結びを作ります。

 

8の字結びはキツく締めないようにして、ゆるく縛っておいてください。

 

なお、ロープの端からどれだけの長さをとるかどうかは体形によって変わります。

 

実際に結んでみて長すぎるようなら短めに、短すぎるようなら10pほど余裕を持たせますが、今はきっちり長さをはからなくても大丈夫です。

 

ロープの短い方を利き手に持ってからハーネスにくぐらせ、先ほど8の字結びしたところをハーネスぎりぎりに近づけてください。

 

次に、ロープの端を持って、最初に作った8の字結びが二重になるようにロープを重ねます。

 

この方法は8の字結びが二重になって見えるので、「二重8の字結び」とも呼ばれます。

 

参考動画(YouTube音が出ますのでご注意ください)

 

登山ロープはどこで買う?

登山ロープは、アウトドア用品店で買うことができます。

 

大きめの店舗だと、ロープをロール販売しているところも多いです。

 

3〜4oの細いロープは、非自立型のテントを張る時や、洗濯物を乾かすときの物干し竿代わりに向いています。

 

万が一の命綱として持っていくのなら、「7〜8o」程度の太さのロープを選ぶようにしてください。

 

細いロープは軽くて持ち運びしやすいのですが、岩場などでこすれて切れてしまう危険性があります。

 

なお、ロープの長さは20mくらいあれば、万が一落下した時の救助にも使えて安心です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

山登りでテント泊する前に山小屋を利用する
山小屋の予約方法やチェックイン後の過ごし方、相部屋を利用するときのマナーについてまとめました。山小屋に夕方4時までに到着しなければいけない3つの理由もご紹介します。
プロの指導を受けられるツアーを利用する
登山ツアーの探し方や、安全なツアー探しのコツをまとめました。ツアーなら山選びからコース選びまで丸ごとお任せできます!山登りの計画を立てるのが大変なら、登山ツアーに参加してみましょう。
登山サークルに参加する方法
登山サークルに参加するメリットとデメリットについてまとめました。登山サークルを探す3つの方法を具体的に紹介しているので、興味のある方はさっそく調べてみましょう。婚活サークルなんかもありますよ!
登山の基礎知識とマナー
登山家が選ぶ、絶対に知っておくべき5つの登山マナーについてまとめました。ガイドブックに書かれている山のマナーが全てではありません!経験に基づくケースバイケースの対処法を確認しておきましょう。
山登りでお湯を沸かしコーヒーを淹れる
山登りに慣れてきたら「山コーヒー」に挑戦してみませんか?手軽な道具で、意外と本格的なコーヒーが楽しめますよ! 山コーヒーに欠かせない5つの道具と、おすすめアイテムをまとめました。