山登り用具の手入れ

 

山登り用具は、使った後に手入れしなくてはいけません。

 

「どうせまた汚れるのだから、手入れなんてしなくても・・・」と思われるかもしれませんが、汚れが付いたままだとサビたり傷んでしまいます。

 

靴の手入れ

 

 

お気に入りの山登り用具を長持ちさせるために、山登りから帰ったら「すぐ」手入れする習慣をつけましょう!

 

毎回の手入れが億劫にならないように、なるべくシンプルな方法をまとめました。

 

山登り用具の手入れはいつする?

山登り用具の手入れの基本は、「こする」ことです。

 

デリケートな素材や軽い汚れには柔らかいブラシやスポンジ、頑固な汚れや日数がたって落ちにくい汚れには硬いブラシなど、お手入れアイテムを使い分けて綺麗にします。

 

「手入れ=クリーナーを使ってピカピカに磨き上げる」ことをイメージする方も多いかもしれませんが、帰宅したその日ならブラシで軽くこするだけで綺麗になることも多いです。

 

汚れが軽ければブラシでこする→ブラシでこすっても落ちなければ水洗い→頑固な汚れならクリーナー

 

このような具合に、汚れに応じて手入れします。

 

汚れは時間がたてばたつほど、取れにくくなります。

 

山登りは手入れまでセットと考えて、帰宅したその日のうちに手入れしてしまうのがおすすめです。

 

「手入れなんて面倒!」と思う人こそ、山登りから帰ったらその日のうちに手入れしてしまいましょう!

 

すぐに手入れしてあげれば、手入れにかかる時間が節約できますよ。

 

アイテム別手入れ法

主要アイテムの手入れ方法をまとめました。

 

登山から帰ったらすぐに手入れできるように、あらかじめ目を通しておきましょう。

 

靴の手入れ

 

靴

登山で使った靴は、外側だけでなく内側も汗や皮脂で汚れています。

 

靴の外側

 

履くたびに手入れするのが理想的。

 

表面についた土やホコリは、柔らかい布や靴用のブラシを使って落とします。

 

頑固な汚れは、中性洗剤(台所用の食器洗い洗剤など)をお湯で薄めたもので洗い、風通しのいいところで乾かしましょう。

 

乾いたように見えても生地の内側が湿っていることがあるので、丸1日しっかり乾かすようにしてください。

 

靴の内側

 

中敷きを抜いてから泥や砂などを靴用ブラシで掻き出します。

 

水で濡らしてから硬く絞った布で、内側をよく拭いておきましょう。

 

ニオイや汚れがひどい場合は、素材に応じて靴全体を洗います。

 

靴専用洗剤はアウトドア用品店もしくは、靴専門店やネット通販でも手に入ります。

 

ただし、履くたびに靴を洗う必要はありません。

 

普段のお手入れは、ブラシで汚れを落として、布で拭く程度で十分です。

 

頻繁に洗うと逆に生地を傷めてしまうので、汚れがひどい場合や、次回使うまでに数カ月ほど空きそうな場合にとどめておきましょう。

 

なお、靴を履いた後はすぐに靴箱にしまわず、風通しのいい場所に出しておくようにしてください。

 

靴にしみこんだ汗を乾かしてから片付けるだけでも、靴を長持ちさせることができます。

 

スポンサーリンク

 

トレッキングポールの手入れ

トレッキングポール

トレッキングポール(山登りの歩行を助ける杖のようなもの)は、柔らかい布で水分や汚れをふき取り、室内で丸1日乾かしましょう。

 

スライドして長さ調節できるタイプのものは、内部に水が溜まっている可能性があります。

 

シャフト(つなぎ目)からポールを外して、バラバラにした状態で乾かしてください。

 

保管するときも、シャフトを抜いた状態で保管するようにします。

 

完全に乾いていても、湿気で内部がサビてしまう可能性があるからです。

 

シャフトを抜いた状態で保管するだけで、トレッキングポールを長持ちさせることができますよ。

 

リュックやテントの手入れ

登山が終わったら、リュックの中身を空っぽにしましょう。

 

荷物をすべて出し終えたら、リュックの底にたまっている砂や小石、食べかすなどを全て出します。

 

リュックのチャックを開けてさかさまにして振るだけでほとんど汚れは落ちますが、縫い目に挟まった汚れはブラシを使って掻きだすと綺麗に取れます。

 

汚れを取り除いたら、仕上げに水で濡らして硬く絞った布で中を拭きます。

 

水拭きで取り切れない場合は、薄めた中性洗剤で拭き取るといいでしょう。

 

ニオイが気になるようなら、アルコール除菌スプレーをかけて仕上げ拭きするのもおすすめです。

 

手入れグッツ

 

※中性洗剤・・・エマールやアクロンなど、市販の洗濯洗剤でいうところの「オシャレ着洗い用」です。

 

洗濯洗剤の中には「弱アルカリ性」のものもあるので、パッケージ裏を見て「中性洗剤」と書かれているものを使ってください。

 

レインウェアの手入れ

レインウエアー

雨水は大気の汚れを含んでいるので、乾かすだけでは不衛生です。

 

使用したレインウェアは必ず洗濯するようにしましょう。

 

洗濯は、レインウェアの洗濯表示に従います。

 

手軽さから洗濯機が使えるタイプも多いですが、生地を傷ませたくなければ手洗いしましょう。

 

洗濯機を使用する場合は、注意してほしいことが2つあります。

 

1つ目はすすぎの時間をいつもの倍にすること

 

レインウェアは水を通しにくい加工がされているので洗剤が残りやすいからです。

 

洗剤が残っていると生地を傷めてしまうので、すすぎ時間を長めに設定して洗剤を綺麗に洗い流しましょう。

 

2つ目は脱水機能を使わないこと

 

レインウェアは水を通さないので、脱水することができません。

 

脱水が終わらずに洗濯機が動き続けたり、洗濯槽にレインウェアが張り付いて故障の原因になることがあります。

 

すすぎまで終わったら、乾いたバスタオルに挟んでレインウェアの水分を吸収させましょう。

 

手洗いの場合も同様に水分を取ります。

 

あとは、形を整えてハンガーにかけて完全に乾かすだけです。

 

直射日光に当てると変色してしまうことがあるので、室内もしくは日陰で干すようにしてください。

 

なお、レインウェアを山登りで使っていない場合も、家に帰ったら広げて干すようにしておくと生地が傷まず長持ちします。

 

バーナーの手入れ

バーナー

バーナーの調子が悪い原因のほとんどが、ジェットと呼ばれるノズル部分の目詰まり

 

燃料が出てくるノズル部分に細いワイヤー(髪の毛くらい)を刺して、つまりを取っておきましょう。

 

手入れ専用キットを販売しているメーカーもありますが、手芸店やホームセンターに売っているワイヤーでも十分です。

 

なお、ノズル部分が露出しないバーナーの場合には、ノズルが詰まった時は修理に出すしかありません。

 

料理道具の手入れ

山の中では、使用できる水の量に制限があります。

 

そのため山では使用した食器や料理道具は水で洗わず、ペーパーや布で拭き取るのが基本です。

 

使用した料理道具は、登山が終わってから自宅の台所で綺麗に洗いましょう。

 

料理道具の手入れは、普段の家事と同じで台所用洗剤で洗い、しっかり乾かしておくだけです。

 

スポンサーリンク

関連ページ

雨具を一番最初に買うこと!山登り用具の鉄則
登山を始めるなら雨具は必須です!日本の山は雨が降りやすいので、大切な荷物を守るアイテムを揃えておきましょう。タイプ別のレインウェアやザックカバー、あると便利な化学繊維タオルなどを紹介しています。
山登り用の靴は専門家のアドバイスが絶対に必要
一日中身につけている登山靴。自分に合ったものを買わなければ、足を痛めて後悔します!ここでは、登山用の靴や靴ひもの選び方をまとめました。快適な登山靴で、に負担をかけない山登りを楽しみましょう。
山登り用のリュックは山と自分に合わせる
リュック選びのポイントは、容量と機能、そして自分の体にピッタリ合うかどうか。この3つをチェックするコツを知って、お気に入りのリュックを見つけてください!
夏場の山登りに適した服装とは
夏の山登りを楽しめるかどうかは、登山の服装次第!夏にピッタリのベースレイヤーとミッドレイヤー、持ち運びしやすいアウターの選び方をまとめました。具体的なメーカー名も紹介しているので、今すぐ揃えられます!
春夏秋の山登りに必要な道具
登山家の経験をもとに、春夏秋の山登りで「あると便利なアイテム」についてまとめました。各アイテムが買える場所も調べてあるので、ここをチェックすれば登山に必要なアイテムが今すぐ揃います!
山登り初心者のテントとシュラフの選び方
テントやシュラフは高いので、「とりあえず」ではなく「満足のいくもの」を買うべきです。サイズや機能など買う前にチェックすべきことや、テントで快適に過ごすためのコツをまとめました。
登山グッズを揃える方法
山登りに必要なグッズはアウトドア用品店や大型ホームセンター、ネット通販で手に入ります。でも、何をどこで買えばいいのか知っていますか?「どこで、どのアイテムを買うべきか」についてまとめました。
登山用バーナー選び方
登山用バーナーは使用する燃料やデザインによって、コスパや使いやすさが違います。それぞれの特徴を理解したうえでバーナーを購入しましょう。ライター選びの落とし穴もチェックしておいてください!
登山の食事・料理道具
棒ラーメンが登山家に人気の理由、知っていますか?ここでは登山家一押しのメニューや、山の食事をおいしく楽しむためのコツをまとめました。調理に欠かせないコッヘル(鍋)の選び方も紹介します。
登山グッズを扱うメーカー・ブランド
ここで紹介しているのは登山家人気が高いものだけ。高級なものも多いですが、値段以上の価値あるアイテムばかりです!靴やリュック、レインウェアなど登山グッズを扱うメーカーのおすすめアイテムをまとめました。
夜間の登山に必要なヘッドライト選び
ヘッドライトは、近距離用と遠距離用の2種類があります。それぞれのライトの特徴を知って、山登りのスタイルに合ったヘッドライトを購入しましょう。ヘッドライト選びがしやすくなる3つのポイントもご紹介します。