山登り初心者のテントとシュラフの選び方

 

山で家の代わりになるのが「テント」、布団代わりになるのが「シュラフ」です。

荷物

 

 

でも、「家の代わりだから」と快適性だけを求めると、荷物が増えたり重くなったりして大変です。

 

反対に、軽さだけを重視して選ぶと、ぐっすり眠れないということもあります。

 

テントとシュラフの特徴を知り、自分にぴったりのものを見つけましょう!

 

テントについて知っておこう!

テントの種類を分類し、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

 

まずは、山登り用テントにはどのような特徴があって、どのような機能が必要なのかを知っておくことです。

 

そのうえで、何を重視してテントを選ぶか決めるようにしてください。

 

自立型か非自立型か

テント

登山用テントには、2種類があります。

 

ポールを通せばとりあえず形になる「自立型」
ペグ(杭)と綱でテントを固定する「非自立型」

 

非自立型のテントを初めての登山で使用する場合は、ぶっつけ本番で山にもっていくのではなく、必ず事前に杭打ちに挑戦してみてください。

 

綱は、なんとなく張ってもうまくいきません。ある程度の慣れと、技術が要ります。

 

とはいえ家の中で杭打ちを試すわけにはいきませんし、近所の公園にテントを一式持って行って練習するのも大変です。

 

初めて山登りに挑戦する場合は、設置場所を選ばない「自立型」のものを選ぶといいでしょう。

 

自立型は杭を打たなくていいので、家の中でテントを組み立てる練習ができます。

 

ダブルウォールかシングルウォールか

登山用テントの構造には、

 

  • ダブルウォール
  • シングルウォール

この2つがあります。

 

とりあえず1つテントを買うというのであれば、オールシーズン使いやすい「ダブルウォールタイプ」を選ぶといいでしょう。

 

「ウォール」は英語で「wall」、つまり壁のことです。

 

ダブルウォールは壁が2枚、シングルウォールは壁が1枚であることを意味します。

 

シングルウォールはインナーテント(テント本体)だけのシンプルなつくりですが、ダブルウォールはインナーテントの上にフライシートと呼ばれる防水・防風目的のシートをかぶせた2柔構造になっています。

 

シングルウォールのメリット、デメリット

 

設営が簡単で風に強いこと。

 

インナーテントに撥水性を持たせてあるので、フライシートなしのシンプルなつくりになっています。

 

物を極力減らしたいという時や、雨の心配がない季節には手軽でおすすめです。

 

でも、雨がテント内に入りやすいというデメリットがあります。

 

ダブルウォールのように入り口が二重になっていないので、テントの入り口を開けると雨がダイレクトに中に入ってきます。


そのため、雨が降りやすい春〜秋の季節は避けた方が無難です。

 

ダブルウォールのメリット、デメリット

 

結露に強いことと前室ができること。

 

前室は、インナーテントとフライシートの間にうまれる空間のこと。

 

家で例えるなら、玄関的な役割を果たしてくれる場所です。

 

 

ちょっとした荷物を置いたり、雨風がテント内に入るのを防ぐ役割があります。

 

シングルウォールより重たくて設営が面倒なのがデメリットですが、居住性が良く天候にも左右されにくいです。

 

最初に買うテントは、シングルウォールよりもダブルウォールが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

テントは何人用を買うべきか

テントには、サイズに応じて「〇人用」と目安の使用人数が書かれています。

 

日本メーカーが販売しているテントの規格では、1人あたりに割り当てられるスペースは「180p×55p」で計算されています。

 

一般的なシングルベッドは幅90〜100p×195pですから、シングルベッドの半分くらいの幅で眠らなければいけないということですね。

 

しかも、この寸法内に荷物も置かなければいけないのでかなり狭いです。

 

テントでの快適性より荷物の少なさを重視するという人以外は、余裕をもって人数+1人分のテントを選ぶようにしましょう。

 

2人でテントを使うなら3人用を選ぶのがおすすめです。

 

ちなみに、2人でテント泊する場合は、バラバラに泊まるより一緒のテントに泊まった方が荷物は少なくて済みます。

 

当然テントのサイズは大きくなりますが、別々にテントを用意するよりも総重量は少なくなることがほとんどです。

 

テントの色選びに迷ったら

テントの色に特に強いこだわりがないのであれば、安全面を意識して色を選んでみましょう。

 

ベーシックなのは、緑、黄色、赤(オレンジ)の3色です。

 

緑色は自然の中に溶け込むので、目立たずひっそりテント泊したいときにおすすめです。

 

ただし、天候が悪いと景色になじんで見つけにくいというデメリットがあります。

 

黄色は森だけでなく岩場でも目立つので、安全度が高い色です。

 

ただし、テント内部がかなり明るくなります。

 

日光が差し込むとまぶしすぎるくらいに明るくなってしまうので、テント内で朝から昼までゆったり過ごしたい人には不向きです。

 

赤色は霧の中や雪の中でも見つけやすい、定番色です。

 

黄色同様に安全度の高い色ですが、テント内は黄色と比べると明るくなりすぎません。

 

派手な色が苦手でなければ、テントは赤色が無難です。

 

シュラフについて知っておこう!

スリーピングバッグや寝袋とも呼ばれるシュラフ。

 

シュラフは、テント泊した時に布団の代わりになる「寝具」です。

寝袋

 

山登りは体力勝負なので、快適に眠ることのできるシュラフを選びのコツを知っておきましょう。

 

どの型のシュラフにする?

シュラフは、外見の形によって3種類に分類できます。

 

コンパクトさを重視するのか、それともゆったりした寝心地を重視するのかによって型を選ぶといいでしょう。

 

マミー型

マミーは英語でミイラという意味があります。

 

ミイラのように肩部分が広く、足元に向かって細くなるように設計された無駄のないシルエットが特徴です。

 

シュラフで最も定番の形なので、一番種類が多いです。

 

セミレクタングラー型

レクタングラーは英語で長方形という意味があります。

「セミ」レクタングラー型は完全に長方形ではなく、足元が少し狭くしてあるのが特徴ですが、マミー型よりは、ずいぶんゆったりしています。

 

イメージ的には、マミー型とレクタングラー型のちょうど中間のような感じです。

 

レクタングラー型

セミレクタングラーと違って、完全な長方形の形をしているのが特徴で、足元が窮屈なのが苦手という方におすすめです。

 

見た目の特徴から「封筒型」と呼ばれることもあります。

 

サイドのファスナーを開ければブランケット代わりにも使えるので便利ですが、マミー型やセミレクタンブラー型と比べるとコンパクトさに欠けます。

 

荷物のコンパクトさよりも、ゆったり眠ることを重視する人向きです。

 

保温性能2つのチェックポイント

山は気温が下がりやすいので、シュラフの保温能力が十分にあるものを選びたいところです。

 

保温性能でチェックすべきポイントは2つあります。

 

中綿の素材

中綿の素材はダウン(羽毛)もしくは化学繊維(ポリエステルなど)が主流です。

 

収納時のコンパクトさや軽さを重視するならダウンがおすすめ。

 

ただし、ダウンは濡れると保温性能が下がりますから、雨の多い時期や湿気の高い時期は化学繊維を選ぶといいでしょう。

 

寝袋内部の構造

寝袋の内部はチューブ状に細かく分かれています。

 

シングルキルト構造<ダブルキルト構造(シングルキルト構造を2層にしたもの)<ボックスキルト構造の順に、暖かくなります。

 

ボックスキルト構造と呼ばれるチューブが立体になっているので、中綿にボリュームがあり、縫い目から暖かい空気が逃げにくいのが特徴です。

 

なお、夏なら表地と裏地を直接縫い合わせたシングルキルト構造と呼ばれるタイプでも十分でしょう。

 

スポンサーリンク

関連ページ

雨具を一番最初に買うこと!山登り用具の鉄則
登山を始めるなら雨具は必須です!日本の山は雨が降りやすいので、大切な荷物を守るアイテムを揃えておきましょう。タイプ別のレインウェアやザックカバー、あると便利な化学繊維タオルなどを紹介しています。
山登り用の靴は専門家のアドバイスが絶対に必要
一日中身につけている登山靴。自分に合ったものを買わなければ、足を痛めて後悔します!ここでは、登山用の靴や靴ひもの選び方をまとめました。快適な登山靴で、に負担をかけない山登りを楽しみましょう。
山登り用のリュックは山と自分に合わせる
リュック選びのポイントは、容量と機能、そして自分の体にピッタリ合うかどうか。この3つをチェックするコツを知って、お気に入りのリュックを見つけてください!
夏場の山登りに適した服装とは
夏の山登りを楽しめるかどうかは、登山の服装次第!夏にピッタリのベースレイヤーとミッドレイヤー、持ち運びしやすいアウターの選び方をまとめました。具体的なメーカー名も紹介しているので、今すぐ揃えられます!
春夏秋の山登りに必要な道具
登山家の経験をもとに、春夏秋の山登りで「あると便利なアイテム」についてまとめました。各アイテムが買える場所も調べてあるので、ここをチェックすれば登山に必要なアイテムが今すぐ揃います!
山登り用具の手入れ
「アイテムの手入れは面倒!」という人のために、手軽なメンテナンス方法をまとめました。下山後の「パパッとお手入れ」でお気に入りの登山アイテムを長持ちさせましょう。
登山グッズを揃える方法
山登りに必要なグッズはアウトドア用品店や大型ホームセンター、ネット通販で手に入ります。でも、何をどこで買えばいいのか知っていますか?「どこで、どのアイテムを買うべきか」についてまとめました。
登山用バーナー選び方
登山用バーナーは使用する燃料やデザインによって、コスパや使いやすさが違います。それぞれの特徴を理解したうえでバーナーを購入しましょう。ライター選びの落とし穴もチェックしておいてください!
登山の食事・料理道具
棒ラーメンが登山家に人気の理由、知っていますか?ここでは登山家一押しのメニューや、山の食事をおいしく楽しむためのコツをまとめました。調理に欠かせないコッヘル(鍋)の選び方も紹介します。
登山グッズを扱うメーカー・ブランド
ここで紹介しているのは登山家人気が高いものだけ。高級なものも多いですが、値段以上の価値あるアイテムばかりです!靴やリュック、レインウェアなど登山グッズを扱うメーカーのおすすめアイテムをまとめました。
夜間の登山に必要なヘッドライト選び
ヘッドライトは、近距離用と遠距離用の2種類があります。それぞれのライトの特徴を知って、山登りのスタイルに合ったヘッドライトを購入しましょう。ヘッドライト選びがしやすくなる3つのポイントもご紹介します。