山登り用のリュックは山と自分に合わせる

 

山登りに必要なアイテムを積み込むリュック。

 

さまざまなタイプのものが販売されているので、いったい何を基準に選べばいいのか分からなくなってしまいますね。

 

リュック

 

 

ここでは、リュック選びの基準になる項目をまとめました。

 

何時間も背負わなくてはいけないリュックは、自分にぴったり合うものを選びましょう!

山登りの目的や機能に応じたリュックを選ぼう!

どんな山に登るのかということや季節、日帰りなのか、それともテントもしくは山小屋で泊まるのかによって荷物の量は大きく変わります。

 

山に合った大きさのリュックを選ぶようにしましょう。

リュックのサイズは容量をチェック!

山登り用のリュックは、見た目の大きさで選んではいけません。

 

リュックの容量が大きければ見た目も当然大きくなりますが、メーカーによっては同じ容量でも見た目の大きさがずいぶん違うからです。

 

リュックの大きさがどれくらいなのかは、容量(リットル)で判断するようにしましょう。

 

1リットルサイズ 10p×10p×10p

日帰り登山の場合

日帰り登山なら、10〜20リットルのリュックで十分です。

 

容量が小さく肩に負担がかかりにくいので、ウエストハーネス(ウエスト部分のベルト)がなく、ショルダーハーネス(肩部分のベルト)だけのものもあります。

 

日帰り登山

 

肩ひもが付いたごく普通のリュックをイメージするといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

山小屋に宿泊する場合

山小屋に宿泊する場合には、20〜50リットルのリュックがおすすめです。

 

夏など荷物が少ない季節なら20〜35リットル

 

冬など厚手の荷物が増える季節なら35リットル以上のサイズを選ぶと安心です。

 

特に20〜35?のサイズは使い勝手が良く需要が高いので、デザインやカラーバリエーションが豊富。

 

宿泊の有無でリュックを使い分けるのが面倒だと思えば、日帰り登山もこのサイズで対応するといいでしょう。

テント泊の場合

テント

テントに宿泊するとなると、かなり荷物の量が増えます。

 

リュック容量の目安は50〜75リットル程度です。

総重量は20kgを超えることが予想されるので、サイズはもちろんのこと、生地が丈夫なものを選ばなければいけません。

 

また、背面部分や各所のハーネス部分に負担を軽減させるような工夫がされたものを選びたいところです。

 

ショルダーハーネスは太くて厚みのあるものの方が、肩に負担がかかりません。

 

100リットル以上のリュックは、山登り初心者の場合は使うことはまずないでしょう。

 

長期遠征や大量の食材などを運ぶときに適したサイズで、軽量化を図るため無駄な機能を排除したシンプルなつくりのものが多いです。

トップリッド(雨蓋)は必要?

山は天気が変わりやすいので、トップリッド(雨蓋)のついているリュックがおすすめです。

 

トップリッドというのはリュックの蓋みたいなもので、内部に雨水が入るのを防ぐ役割があります。

 

トップリッドを取り外してポーチとして使えるタイプ

(モンベル)mont bell トレッキング ザック

モンベル公式サイト キトラパック 40

 

ファスナー開口部が広くて荷物が取り出しやすいタイプ

ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE]  テルス33

 

ザ・ノース・フェイス公式サイト テルス33

 

トップリッドとリュックが一体化した雨が入りにくいタイプ

OSPREY(オスプレー)  ケストレル28

OSPREY(オスプレー)公式サイト  ケストレル28

 

タイプは様々。

 

絶対に必要な機能ではありませんが、頻繁に取り出すものを入れて置いたり、暑くて脱いだ上着を挟んだりできるのであると便利です。

 

リュックを体に合わせて選ぼう!

登山

サイズの合わない洋服や苦手な素材の洋服は、着心地が悪いもの。

 

リュックについても同じことが言えます。

 

体に合ったリュック選びの方法をご紹介します。

自分の背面長を測ってみよう

45リットルを超えるような中型〜大型のリュックを買う場合、背面長(背中の長さ)がサイズ選びの目安になります。

 

背面長を調整できるモデルも多いですが、調整できると言っても2〜5p程度。

 

調整できるからと適当に選ぶのではなく、最初から正しいサイズのものを買うようにしてください。

 

背面長はアウトドア用品店に行って測ってもらうのが一番確実ですが、自宅でメジャーを使って測ることもできます。

 

首を軽く前に倒すと、首の裏に第七頸椎骨といってボコッと出っ張った骨が見つかります。

 

この骨から腰骨の上部までの長さが、背面長です。

 

参考動画(YouTube音が出ますのでご注意ください)

 

正しいフィッティングの方法

正しいフィッティングでなければ、自分にぴったりのリュックかどうかは分かりません。

 

以下の手順を参考にして、必ずフィッティングしてからリュックを買うようにしましょう。

 

リュックを背負ったら、まずはショルダーハーネス(肩部分のベルト)とチェストハーネス(ショルダーハーネスをつなぐベルト)を締めます。

 

後で調整するので、この段階では軽く締めておくだけでOKです。

 

ヒップハーネスは、腰骨の中央に乗っかるように締めます。

 

ショルダーハーネスの下ストラップを引いて肩から脇にかけての長さを調整したら、上ストラップを引いてリュックを背中にフィットさせてください。

 

ヒップハーネスの横ストラップを引いてしっかり締めたら、最後にチェストストラップを引きます。チェストストラップの位置は、鎖骨の5p下が目安です。

 

なお、ストラップは左手と右手を同時に引いて、左右で同じ力が加わるようにしてください。

 

左を締めてから右を締めて・・・という具合に左右別々に調整してしまうと、体にうまくフィットしません。

背面パッドはどれがいい?

背中と常に接しているのが、リュックの背面パッドです。

 

パッドの種類は、大きく分けて3種類あります。

 

パッドタイプ

 

一番ポピュラーなのが、パッドタイプ

 

やや厚みのあるパッドを一面に使っているので、背中にフィットしやすく、荷物の重さをうまく分散してくれます。

 

メッシュタイプ

 

通気性を重視するなら、メッシュタイプがおすすめ

 

背中と接する面が風通しのいいメッシュ構造になっているので、夏など汗をかく季節に向いています。

 

その他

 

パネルタイプと呼ばれるものもあります。

 

背中の筋肉構造に合うように凹凸が付けられているので、自分の体に合えば使い心地は抜群です。

 

ただし凹凸が合うかどうかはフィッティングしてみないと分からないので、通販などで購入するのは避けた方がいいでしょう。

 

ストップが長すぎる場合はどうする?

リュックのサイズはピッタリなのに、ストラップだけが極端に長いことがあります。

 

あまりに長いと風が吹いたときに邪魔ですし、見た目もよくありません。

 

長すぎるストラップは、はさみで切ってしまいましょう。

 

切り口はそのままにしておくとほつれてくるので、ライターの火であぶって処理しておきます。

 

切った部分をサッと火であぶればストラップの先が溶けて、ほつれなくなります。

 

あぶっても上手くまとまらない場合は、軍手をして、火であぶった直後にストラップの先端を軽くつまむようにしてください。

 

スポンサーリンク

関連ページ

雨具を一番最初に買うこと!山登り用具の鉄則
登山を始めるなら雨具は必須です!日本の山は雨が降りやすいので、大切な荷物を守るアイテムを揃えておきましょう。タイプ別のレインウェアやザックカバー、あると便利な化学繊維タオルなどを紹介しています。
山登り用の靴は専門家のアドバイスが絶対に必要
一日中身につけている登山靴。自分に合ったものを買わなければ、足を痛めて後悔します!ここでは、登山用の靴や靴ひもの選び方をまとめました。快適な登山靴で、に負担をかけない山登りを楽しみましょう。
夏場の山登りに適した服装とは
夏の山登りを楽しめるかどうかは、登山の服装次第!夏にピッタリのベースレイヤーとミッドレイヤー、持ち運びしやすいアウターの選び方をまとめました。具体的なメーカー名も紹介しているので、今すぐ揃えられます!
春夏秋の山登りに必要な道具
登山家の経験をもとに、春夏秋の山登りで「あると便利なアイテム」についてまとめました。各アイテムが買える場所も調べてあるので、ここをチェックすれば登山に必要なアイテムが今すぐ揃います!
山登り初心者のテントとシュラフの選び方
テントやシュラフは高いので、「とりあえず」ではなく「満足のいくもの」を買うべきです。サイズや機能など買う前にチェックすべきことや、テントで快適に過ごすためのコツをまとめました。
山登り用具の手入れ
「アイテムの手入れは面倒!」という人のために、手軽なメンテナンス方法をまとめました。下山後の「パパッとお手入れ」でお気に入りの登山アイテムを長持ちさせましょう。
登山グッズを揃える方法
山登りに必要なグッズはアウトドア用品店や大型ホームセンター、ネット通販で手に入ります。でも、何をどこで買えばいいのか知っていますか?「どこで、どのアイテムを買うべきか」についてまとめました。
登山用バーナー選び方
登山用バーナーは使用する燃料やデザインによって、コスパや使いやすさが違います。それぞれの特徴を理解したうえでバーナーを購入しましょう。ライター選びの落とし穴もチェックしておいてください!
登山の食事・料理道具
棒ラーメンが登山家に人気の理由、知っていますか?ここでは登山家一押しのメニューや、山の食事をおいしく楽しむためのコツをまとめました。調理に欠かせないコッヘル(鍋)の選び方も紹介します。
登山グッズを扱うメーカー・ブランド
ここで紹介しているのは登山家人気が高いものだけ。高級なものも多いですが、値段以上の価値あるアイテムばかりです!靴やリュック、レインウェアなど登山グッズを扱うメーカーのおすすめアイテムをまとめました。
夜間の登山に必要なヘッドライト選び
ヘッドライトは、近距離用と遠距離用の2種類があります。それぞれのライトの特徴を知って、山登りのスタイルに合ったヘッドライトを購入しましょう。ヘッドライト選びがしやすくなる3つのポイントもご紹介します。