山登り用の靴は専門家のアドバイスが絶対に必要

 

山登りに必要なものは数多くありますが、その中でも一番慎重に選んでほしいのが「靴」です。

 

靴

 

 

 

山登りを楽しめるかどうかは靴次第といっても過言ではありません。

デザインや口コミ評価だけで靴を選ぼうとしている人は要注意!

 

山登りには、目的や用途に応じた靴選びが必要です。

 

ここでは、初心者が失敗しないための靴選びのポイントについてまとめました。

 

どんな山を登る?目的別4つの靴

山登り用の靴は、大きく分けると4つに分類できます。

 

どんな山を登るのかということや、履き心地、歩きやすさの観点から比較して選びましょう。

 

初めて靴を選ぶときには、「どんな山を登るか」を店員さんに伝えてアドバイスをもらうようにすると安心です。

 

靴選び

 

ライトアルパインブーツ

山登り用の靴の中で、最も頑丈で耐久性に優れているのがライトアルパインブーツです。

 

高山の岩場などを登ることを想定して作られているので、ソール部分は硬く、ほとんど曲がりません。

 

ライトアルパインブーツは足の保護性能を重視しています。

 

スニーカーのように足にフィットするような柔軟性がなく、しかもソールが重たいので、平坦な道はすごく歩きにくいです。

 

ハイキングやゆるい山登りを楽しみたいという人は、ライトトレッキングブーツやミッドカットトレッキングブーツを検討してみましょう。

 

トレッキングブーツ

ライトアルパインブーツに次いだ頑丈さを持ちながら、適度な柔軟性を持ち合わせたのがトレッキングブーツ。

 

山登りの定番です。

 

本格的な冬山には不向きですが、残雪程度ならトレッキングブーツで十分対処できます。

 

ハイキングシューズに近い柔軟性重視のモデルや、足元の悪い場所を得意とするモデル、重い荷物を背負っての山登りに適したモデルなど種類が豊富です。

 

柔軟性があると言っても、普段はいているスニーカーと比べるとソールは重くて硬いので、足になじむまではそれなりの時間がかかります。

 

ライトアルパインブーツ同様に平坦な道では足が疲れやすいので、初めての山登りや、日帰り登山程度ならライトトレッキングブーツを検討するといいでしょう。

 

ライトトレッキングブーツ

トレッキングブーツと比べるとアッパー部分(甲の部分)やソール部分が柔らかく、歩きやすいのが特徴です。

 

重い荷物を長時間運んだり、足場の悪い山を登るのには不向きですが、初心者向きの整備された山ならライトトレッキングブーツで十分です。

 

足場の悪い高山やテント泊で重い荷物があるようならトレッキングブーツ、なだらかな低山でテント泊を必要としない場合にはライトトレッキングブーツと使い分けるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

ミッドカットトレッキングブーツ

ライトトレッキングブーツの足首部分が数p短くなったのが、ミッドカットトレッキングブーツです。

 

足首が圧迫されないので快適に歩けます。

 

足場の悪い場所やハードな登山では足首を捻ってしまうリスクがあるので不向きですが、低山の散策や日帰り登山程度なら歩きやすくておすすめです。

 

一番ライトな履き心地なので、山登り初心者の方でも比較的違和感なく履けます。

 

左右の足の違い

足のサイズは、左右で違うのが普通です。

 

一般的には利き足の方が大きいことが多く、女性より男性の方がサイズ差は大きいと言われています。

 

登山用の靴を選ぶときは、大きい方の足に合わせてサイズを合わせます。

 

小さい方の足は、厚手の靴下やインソールを使ってフィットするように調整してください。

 

靴下

 

インソールは足の裏全体を覆うフルソールタイプよりも、つま先やかかとだけに装着できるインソール(スペーサー)を使ったほうがフィット感が増します。

 

ただ、一番いいのは登山用の靴を取り扱う店舗でスタッフに相談することです。

 

同じサイズ表記でもメーカーごとにサイズ感は全然違いますから、自分の足の特徴にあったものを紹介してもらうといいでしょう。

 

靴をフィッティングするときは、靴のヒールカップ(かかと部分)にかかとをしっかり合わせてからサイズを調整するようにしてください。

 

フィッティング時はかかとをトントンと何度か打ち付けるようにしますが、購入前の靴ですからあまり強く叩きつけないように気を付けましょう。

 

靴紐の結び方

靴の快適性は、ブランドやメーカーだけで決まるわけではありません。

 

どんな靴紐を選べばいいのかということや、状況に応じた靴紐の結び方をご紹介します。

靴の結び方

 

登りの時の靴紐の締め方

登りの時は、足首を柔軟に使う必要があります。

 

一番上のフックまで紐を通してしまうと足首が動かしにくくなってしまうので、

 

上から1〜2番目のフックには紐を通さないことが多いです。

 

足首の可動域が広がるので、足首に負担をかけることなく登ることができます。

 

なお、登りと下りで紐の通し方を変えるのが面倒なら、登りの時は上から1〜2番目の靴紐を緩めるといいでしょう。

 

甲から足首にかかる部分はしっかりと締めて、足首より上の部分を緩めるのがポイントです。

 

下りの時の靴紐の締め方

下りの時は靴紐を一番上のフックまで通してギュッと締めるようにしますが、その理由は3つあります。

 

靴の中でつま先が動かないようにするため

 

下りでは足が前に滑りやすく、つま先と靴が当たって痛くなりがち。

 

つま先を保護するために、足首をしっかり固定します。

 

足先にだけ体重がかかるのを避けるため

 

下りでは、前に出した方の足先に体重が集中しがちです。

 

足首をしっかり固定することで、足先に体重が集中するのを防ぎ、膝や脛に荷重を分散する効果があります。

 

登りの時に靴紐がゆるくなっているから

登りでは靴が屈曲するため、靴紐がゆるみがちになります。

 

下りの時だけキツく締めるというよりは、登りでゆるんだ靴紐を「締め直す」といった方が良いかもしれません。

 

ただし、あまりにキツく締めすぎると足首が圧迫されて痛くなってしまいます。

 

ある程度締めたところで歩いてみて、微調整を繰り返しましょう。

 

違和感があるようなら我慢せず、その都度調整するようにしてください。

 

靴紐は丸ヒモ?それとも平ヒモ?

靴紐には、紐の内側に丈夫な芯を入れてその周りを覆うように編み込んだ「丸ヒモ」と、繊維を平たく編み込んだ「平ヒモ」の2種類があります。

 

山登り用の靴で多いのは、丸ヒモタイプです。

 

平ヒモと比べるとほどけやすいといデメリットがありますが、フックに通しやすく、軽い力で紐を締めることができます。

 

一方の平ヒモはフックに通しにくいのがデメリットですが、しっかり締めてしまえば緩みにくいです。

 

紐は別売りしているので、2種類を使い比べてみてもいいかもしれませんね。

 


その他、最近ではダイヤル式を採用した靴もあります。

靴

もともとはランニングシューズ用に採用されていたもので、繊維で編み込んだ紐の代わりに細くてしなやかなステンレス製のワイヤーを使っています。

 

正面に取り付けられたダイヤルを回すだけでワイヤーの締め具合が調整できるので、着脱もワンタッチで手間いらず。

 

万が一ダイヤルが壊れてしまったときのために、靴紐を通せる緊急ループのついたものを選ぶと安心です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

雨具を一番最初に買うこと!山登り用具の鉄則
登山を始めるなら雨具は必須です!日本の山は雨が降りやすいので、大切な荷物を守るアイテムを揃えておきましょう。タイプ別のレインウェアやザックカバー、あると便利な化学繊維タオルなどを紹介しています。
山登り用のリュックは山と自分に合わせる
リュック選びのポイントは、容量と機能、そして自分の体にピッタリ合うかどうか。この3つをチェックするコツを知って、お気に入りのリュックを見つけてください!
夏場の山登りに適した服装とは
夏の山登りを楽しめるかどうかは、登山の服装次第!夏にピッタリのベースレイヤーとミッドレイヤー、持ち運びしやすいアウターの選び方をまとめました。具体的なメーカー名も紹介しているので、今すぐ揃えられます!
春夏秋の山登りに必要な道具
登山家の経験をもとに、春夏秋の山登りで「あると便利なアイテム」についてまとめました。各アイテムが買える場所も調べてあるので、ここをチェックすれば登山に必要なアイテムが今すぐ揃います!
山登り初心者のテントとシュラフの選び方
テントやシュラフは高いので、「とりあえず」ではなく「満足のいくもの」を買うべきです。サイズや機能など買う前にチェックすべきことや、テントで快適に過ごすためのコツをまとめました。
山登り用具の手入れ
「アイテムの手入れは面倒!」という人のために、手軽なメンテナンス方法をまとめました。下山後の「パパッとお手入れ」でお気に入りの登山アイテムを長持ちさせましょう。
登山グッズを揃える方法
山登りに必要なグッズはアウトドア用品店や大型ホームセンター、ネット通販で手に入ります。でも、何をどこで買えばいいのか知っていますか?「どこで、どのアイテムを買うべきか」についてまとめました。
登山用バーナー選び方
登山用バーナーは使用する燃料やデザインによって、コスパや使いやすさが違います。それぞれの特徴を理解したうえでバーナーを購入しましょう。ライター選びの落とし穴もチェックしておいてください!
登山の食事・料理道具
棒ラーメンが登山家に人気の理由、知っていますか?ここでは登山家一押しのメニューや、山の食事をおいしく楽しむためのコツをまとめました。調理に欠かせないコッヘル(鍋)の選び方も紹介します。
登山グッズを扱うメーカー・ブランド
ここで紹介しているのは登山家人気が高いものだけ。高級なものも多いですが、値段以上の価値あるアイテムばかりです!靴やリュック、レインウェアなど登山グッズを扱うメーカーのおすすめアイテムをまとめました。
夜間の登山に必要なヘッドライト選び
ヘッドライトは、近距離用と遠距離用の2種類があります。それぞれのライトの特徴を知って、山登りのスタイルに合ったヘッドライトを購入しましょう。ヘッドライト選びがしやすくなる3つのポイントもご紹介します。